B89bdb98 c1c0 4969 b4c2 ac9d7da9042d

熊本ミステリー読書会

熊本ミステリー読書会で取り上げた本などを…

熊本ミステリー読書会で取り上げた本などをご紹介していきます。

20

コメントした本

毒入りチョコレート事件

第19回の課題本。多重解決ものの嚆矢として有名ですが、他にも黄金期の作家とはひと味違う意欲作を多数遺しています

14日前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a95c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Icon user placeholderFfbc26e2 2758 4166 a12f 0fee91ae2f9f0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8 11
にぎやかな眠り

第17回の課題本。クリスマスにぴったりのコージーミステリー。

11か月前

卵をめぐる祖父の戦争

第15回の課題本。WWII戦時下の若者たちの冒険をシニカルに描いた一冊。後味もスッキリ…ってミステリーではないですが

1年前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Ce3ec283 9daa 48f6 b599 3235030bf6e2A6ab8249 b155 4145 a719 23713da29b9a8b2491b7 4a67 455f 8180 4def531a346108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c2216cb57 3fa5 4a61 92a6 0cb2127b3ebbEb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb 9
オシリスの眼

第13回の課題本。現在の鑑識に相当する科学捜査を初めてミステリーに取り入れたと言われる、フリーマンの代表作。

約2年前

D3fefa19 275b 4cb2 9d25 2af08ccfd96cEd6cbd54 f4b0 4bcc a6e9 354962baeb62936514ef 811f 4dad 91df 2fcd2970179395ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd
11の物語

第11回の課題本。映画『キャロル』で見せたイメージとは真逆のシュールな短編集。どちらが本当のハイスミス?

約3年前

野獣死すべし

第10回の課題本。タイトルと装画から硬派なハードボイルドを想像しますが、中身とのギャップに驚く1冊です。

約4年前

死のドレスを花婿に

第8回の課題本。大ヒットした「ALEX」より6年も前に紹介されていた本書。フランス産の嫌ミスです。

4年前

84ac3516 681a 499d 89fe 28aa9c318c10Cb81cf0a a26d 4ed4 9e1f 09e821a81af42e2f973f b11b 4762 aefc cd7ed2366c0f084e32c1 21fe 4819 8f15 913fa7d035d666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffaD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810 20
赤い右手

第6回の課題本。アメリカが舞台の、現代ミステリーのタブーが満載。物議を醸した一作です。

4年前

刑事マルティン・ベック 笑う警官

第4回の課題本。北欧ミステリーの祖ともいえる刑事シリーズ。今読んでも古臭さは全くありません。

4年前

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaD10793a4 c6bb 4a95 b989 74bb48a8fad98511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636
さむけ

第2回の課題本。ハードボイルドがお好きな方に。意外な展開にびっくり。ラスト1行は小笠原氏の名訳です。

4年前

E8e81cac 6685 4ea2 b690 c043a084e4378b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aIcon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a218f8ceaab 39ae 420d a59b f3baac91817fIcon user placeholder 40
ひらいたトランプ

第18回の課題本。名作揃いの中で異彩を放つ一作。犯人を示す鍵はトランプにあった!

6か月前

ホワイトコテージの殺人

第16回の課題本。英国四大女流作家の処女作にして、後世に影響を与えた一作。

11か月前

わたしを離さないで

第14回の課題本。多くの共感と反響を呼んだ同作。感情を抑制した文章で倫理観を問いかける

約2年前

3650ae01 f88a 4ef3 867f eaaf1488dc67Icon user placeholderIcon user placeholderAac5e51c 6388 4a55 86c3 e88cf565b4dbBb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d66de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247Icon user placeholder 279
緑のカプセルの謎

第12回の課題本。本格ミステリーを語る上で外せない1人。玄人好みの本作もぜひオススメ。

2年前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fIcon user placeholderB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
中途の家

第10回の課題本。アメリカの巨匠クイーンのまさに中期の名作。ロジカルな推理はまさに本格の祖と呼ぶにふさわしいです。

3年前

僧正殺人事件

第9回の課題本。後世数多くのパスティーシュを産んだ見立て殺人の嚆矢。犯人の真の動機とは?

約4年前

43e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6aCd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0
フレンチ警部と毒蛇の謎

第7回の課題本。アリバイトリックに定評のあるクロフツの、異色の倒叙ミステリー。フレンチ警部シリーズはこれで出揃いました。

4年前

養鶏場の殺人/火口箱

第5回の課題本。英国女流ミステリー作家、ウォルターズが実際の事件をベースに新解釈を提示した作品。

4年前

黄色い部屋の謎

第3回の課題本。有名な「オペラ座の怪人」を著したルルーのミステリー。フランスのエスプリが随所に感じられます。

4年前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9766b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a5681e11b 594b 45b9 903a f89e7063e251Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96
幻の女

第1回の課題本です。冒頭の訳文が印象的な古き良きミステリー

4年前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97565cc56e 453e 4444 9f4b 93ddbbeafcc83918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb1095ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddF5ef0fb7 262e 4d11 92c0 6565fc82c1b8 10