55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小…

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小説も。 本に囲まれて暮らせたら。コーヒーと本と。

92

コメントした本

夫のちんぽが入らない

“さんざん考え、悩み抜いた末に出した決断を、そう生きようとした決意を、それは違うよなんて軽々しく否定するな。 人に見せていない部分の、育ちや背景全部ひっくるめて、その人の現在があるのだから” 筆者のように夫婦生活が持てない人、 夫婦生活は送れても妊娠が叶わない人、 思い描く性生活の送れないLGBTの人、 そもそも結婚したり付き合ったりしていない人、 結婚していても子どもを望んでいない人、 結婚も望んでいない人、 病気や障害の人... 世の中には多種多様な人がいて、自分の枠組みで他人を判断することに変わりはないし、簡単には変えられないのだけど、相手に言葉をかけるときには、その枠組みを少し柔らかくして接する必要があるのだと思う。そして、相手の枠組みを理解しようとすることだと思う。

約1か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2Icon user placeholder1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afad4793b482 d9ae 49cc a4c2 6d27f6946c25D05045a1 60ae 4f74 9001 300ca26831abC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b889 160
コーヒーが冷めないうちに

この本を読んで、どう感じるかは読者に任せてくれてもいいなと思った。 でも、過去も未来も変えられないが、心は変わる。 そのメッセージは強く伝わってきた。 さて、どう生きようか。

4か月前

62c515cd 20e7 42ea bbf2 7caa5fc137548b9ecbaa cd1c 4926 afd3 fec1f1974f4d56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cIcon user placeholder2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4a 395
火花

長い時間をかけて読了。 芸人さんの心意気や生き様を垣間見た気がする。 漫才やコントを見て「面白くないなぁ」と思うことはよくあるけど、それはそう感じるかもしれないけど、やっている本人たちからしたら、すべてのエネルギーを費やして「面白い」と思うものを全力で演じているのだと思うと、もう少し気持ちを込めて見守ろうという気がした。 それでも、面白いと感じることとそうでないことは人それぞれなのだろうけど。 あと、解散ライブの部分を読んでいて感じたのが、主人公の”徳永が”、なのか”又吉自身が”、なのかわからないけど、「芸人」ではなく、「漫才師」でありたいのだと思った。芸人、という結果的に人を笑わせる仕事をしたいのだけど、トークで、漫才で、話をすることで、笑わせたいのだと思った。話の中に、己の生き様を盛り込んで、結果的に人を笑わせたい、そんな漫才師でありたいのだと感じた。 又吉直樹の他の作品も読んでみたいと思う。

9か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9794ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23cEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca14133c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7371fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef6a96e94c a226 469b a4ad f316fb8865ff 445
妊娠カレンダー

小川洋子さんの三本の短編集。 少し不気味な世界を興味深く読んだ。 どの話にも共通しているのが、主人公の目の前の「姉」や「先生」や「男」に興味を持って近づきたい反面、憎しみや恐れのような陰の感情をどこかに抱きつつ接しているところ。だから、なぜか安心して見ていられない。怖いもの見たさ、のような気持ちで読むけど、別に怖い話でもない、なんとなくじっとりした穏やかな作品。

11か月前

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eA64cd30d 82d8 4029 bab9 6b73456360b1Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5Icon user placeholder6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8 11
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」

仕事のカウンセリングに使えるかと思って読んだけど...積極的に使いたい感じではなかった。エッセンスだけは取り入れようかな。

約1年前

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

子どもの頃と違って、大人になると、驚く機会が減っていくから、時間が早くすぎてしまうのだろう。 驚く機会が減って、驚く力も減っていくのだろうけど、少し見方を変えて、些細なことにも驚きながら人生を楽しみながら歩んでいきたいと思う。

約1年前

67e4aa60 6d03 40c0 a275 6e81402e363eIcon user placeholder
ナラタージュ

仕事で出会う高校生の女の子が読んでいるというので、図書館で借りて読んでみた。 高校教師への恋心が断ち切れない大学生の女の子の話。 恋愛小説ではありきたりな恋愛関係かもしれないけど、2人の関係はとても深くて暗い。 だからこその結びつきの強さなのだろうと思う。 胸キュンなどではなく、生きている間に一人の人をこんなにも愛せることの素晴らしさやつらさを改めて感じることができた作品。 映画は、たぶん観ないかな。 葉山先生と泉が、松本潤と有村架純では2人の恋愛関係が美しく描かれすぎると思う。もっと影を背負った雰囲気の役者さんに演じてほしいなー。

1年前

Icon user placeholderC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401eC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415E8bee8eb 19c7 46e4 9090 1ff7f961ee40Icon user placeholderFae9c5a6 c025 4d49 81c0 0e06a4ec2604 31
逢沢りく 上

読んだ。 泣けたね、りくちゃん。

2年前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Icon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a
ミノタウロスの皿

面白すぎてわくわくする! 地球や人類の終末を描く作品がとても面白くて、 原子力や、放射能、人口の増加や減少、戦争や疫病を 大局的に捉えていて、自分がいかに『今』しか考えていないか 思い知らされます。 おもしろいなぁ~藤子先生!!!

3年前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400E973acc1 b8a0 43bc bb6a 0732d20be3d7Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a574912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Icon user placeholderB797b0a3 09ee 4a52 a3aa d08a18330049 17
自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

もっと早く読めばよかった。 お母さんと相談しながら、変えようとしていた行動は、自閉症児にとっては楽しかったり愉快だったり、必要な刺激だったり、自分でも抑えきれない難しい感情だったりするんだと知った。 こうして、当事者の思いや、感覚や、言葉や、彼らが生きる世界を知ることで、もっと有意義で適切で、自己満足に陥らない支援ができる、いや、しなければならないと思った。 難しいけれど、彼らの世界をなるべく知る努力をしたい。彼らはコミュニケーションが取れないだけで、心の中では私たちと同じことを考え、それが態度や言葉で見せられず苦しんでいることが往々にしてある。 発達障害児者の支援に携わっている人には必ず読んでいただきたい一冊。

3年前

96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8E1d3b3d9 066a 4a53 9b0e 0dc30ac7ad457c84ba86 f173 4ffc 9a14 3bcc6cfd02a7B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca2ab9962d 57b4 41d0 b73c 482b1b0a8942579bdecf 5520 44cd b0d8 cde6097efc7e 10
大家さんと僕

どんどん2人の関係が親密になっていくのが、読んでいてクスッと笑える。大家さんのピュアでストレートな物言いにも心惹かれる。 毎日を丁寧に味わって過ごそうと思える作品。

約2か月前

5490b288 b2fe 4271 afcf 6e4827f347039fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8933c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efB6099401 adca 4918 aeaf f756c632242652b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f2996844 113
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

かわいー♡ 死んだふりをする妻と、 スルーする旦那さんの毎日。 こんなやりとり、楽しいな。

8か月前

Icon user placeholderCbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf11c9707dd d4a4 4d7b 9aea 08757ed47a7b4e3a4c63 08ba 43a2 b52c 02ebacf6d6ae014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
星空の谷川俊太郎質問箱

湯船に浸かりながら読んで、3日ほどで読了。 パンチパーマの質問が面白かった。 詩人としての谷川俊太郎ではなく、谷川さんという人のお返事だった気がして、人間らしい感じが出てて、クスリと笑えた。 その他はとても本質的、哲学的な質問。 じっくり、のんびり、読める本です。

10か月前

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dAb51b55f 5dd0 41d8 a5b8 d01cf8b629deF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca
コンビニ人間

確かに、何が正常で何が異常かわからなくなるし、マジョリティはマジョリティであることを求めたりそうでない人がそうなることを喜んだりしているかもしれない。 けど、今の現代社会はよくも悪くもマイノリティはマイノリティとして、受け入れたり見過ごしたりして、取り入れようとしすぎていないように思う(家族は別)。どこか無関心な部分もあるのかもしれない。 でも、面白い作品だった。

約1年前

F8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d409091792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c27906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f63fdb86d 163f 46ff 9cef 6bf54e59c12cE777c2c6 30f8 4220 9569 0fb84f35cb5fIcon user placeholder4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132 530
笑いの力

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

約1年前

星の子

新興宗教にハマってゆく家族。 そして歪んで、離れて、結びつきを強めてゆく家族。 どこか怖いと感じるのだが、それがなぜ怖いのか。 ただ自分の信じているものではないから、それとちがうから、怖いのだろうか。 なぜ怖いのかは説明できない。 そして別に怖いことは何も起こらないのだが、信じているものが違うということがこんなにも不安感をもたらすということに気付かされた作品。 人間の根本にあるものを見た気がする。 宗教とは...

1年前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c863221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e71052fb5 32e9 4cde 81ce 0fa157b42a41 168
美しい距離

とてもよい作品だった。 タイトルと中身がマッチしすぎている。 がんを患った妻と、その妻を介護する夫との距離。夫と、妻の家族との距離。妻と妻の職場の人たちの距離。妻の職場の人たちと夫との距離。 病気を通してあらゆる人たちの距離が、緻密な文章で表現されてて、いたく感情移入してしまう。 ずっとこのままがんであり続けて欲しい、自分もがんになりたいとまで思う夫の、妻への愛に思わず泣きそうになる。 そして、「来たか」「来たよ」と片手を挙げあっていた夫と妻が、妻の死後、手を合わせて拝まなければならないことへの違和感もまた“距離”として表現されていて、山崎ナオコーラさんの作品をもっともっと読みたいと思わせてくれた。

約2年前

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa36e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a93E765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e40Icon user placeholder705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 13
凍える牙

2016.6.2. 読了 直木賞受賞作。 殺人を調教された、ウルフドッグの疾風(はやて)と音道貴子の描写には引き込まれるものがあった。 殺人犯(ホンボシの方)の動機がいまいちよくわからなかったのと、いじめられっ子の「まよ」が殺人現場を目撃したその後の展開が一切触れられなかったのが、心残りだった。 でも、乃南アサさんの他の作品も読んでみたいと思った。

2年前

4c4b4301 a2a3 43aa 91c9 bb93f0a5a67336149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b7Icon user placeholderDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c7693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafec 12
舟を編む

香具矢さんが言った「記憶とは言葉なのだそうです。香りや味をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、すなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです。」というセリフが印象に残った。 自分が感じた思いや記憶や感覚や経験を人に伝えるため、自分の中で咀嚼するため、思い出すため、『ことば』を使う。 ことばは自由であり、生きている。 人が生き続ける限り、辞書も、ことばも生き続ける。 とても面白く、感慨深く、ことばというものに魅了される本でした。 この本を読みながら、次々出てくる知らないことばを辞書で引きながら読むのも楽しかった。

3年前

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」

行動のなぜ?を知りたいときに考え方を得るために良い本。でも、人の行動を必ずしも環境要因に求めず、個人のせいにしてしまいたいときも少なからずある...。具体的な“解決策”が、必要なときに使える“手段”がこの本の中に提示されています。

3年前