Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小…

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小説も。 本に囲まれて暮らせたら。コーヒーと本と。

66

コメントした本

コンビニ人間

確かに、何が正常で何が異常かわからなくなるし、マジョリティはマジョリティであることを求めたりそうでない人がそうなることを喜んだりしているかもしれない。 けど、今の現代社会はよくも悪くもマイノリティはマイノリティとして、受け入れたり見過ごしたりして、取り入れようとしすぎていないように思う(家族は別)。どこか無関心な部分もあるのかもしれない。 でも、面白い作品だった。

14日前

26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Icon user placeholder37a4ea59 d3a9 4e68 be14 d1f63029a9a0A630ba5f cd8b 4f1d b046 6cc7ec9e73bbC7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c9978c1f2ef abd0 4abd 9b8e 04384936865058abc9cf 51ef 485a a863 15b2ce2e62df 327
笑いの力

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

3か月前

星の子

新興宗教にハマってゆく家族。 そして歪んで、離れて、結びつきを強めてゆく家族。 どこか怖いと感じるのだが、それがなぜ怖いのか。 ただ自分の信じているものではないから、それとちがうから、怖いのだろうか。 なぜ怖いのかは説明できない。 そして別に怖いことは何も起こらないのだが、信じているものが違うということがこんなにも不安感をもたらすということに気付かされた作品。 人間の根本にあるものを見た気がする。 宗教とは...

3か月前

7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dC53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37c3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bIcon user placeholder883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7 107
美しい距離

とてもよい作品だった。 タイトルと中身がマッチしすぎている。 がんを患った妻と、その妻を介護する夫との距離。夫と、妻の家族との距離。妻と妻の職場の人たちの距離。妻の職場の人たちと夫との距離。 病気を通してあらゆる人たちの距離が、緻密な文章で表現されてて、いたく感情移入してしまう。 ずっとこのままがんであり続けて欲しい、自分もがんになりたいとまで思う夫の、妻への愛に思わず泣きそうになる。 そして、「来たか」「来たよ」と片手を挙げあっていた夫と妻が、妻の死後、手を合わせて拝まなければならないことへの違和感もまた“距離”として表現されていて、山崎ナオコーラさんの作品をもっともっと読みたいと思わせてくれた。

10か月前

E765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e40Icon user placeholder7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01470794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a33B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 10
凍える牙

2016.6.2. 読了 直木賞受賞作。 殺人を調教された、ウルフドッグの疾風(はやて)と音道貴子の描写には引き込まれるものがあった。 殺人犯(ホンボシの方)の動機がいまいちよくわからなかったのと、いじめられっ子の「まよ」が殺人現場を目撃したその後の展開が一切触れられなかったのが、心残りだった。 でも、乃南アサさんの他の作品も読んでみたいと思った。

1年前

7ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b7Icon user placeholderDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c7693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafec5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453328102ce 1f47 46d3 8199 4d5104e19117 10
舟を編む

香具矢さんが言った「記憶とは言葉なのだそうです。香りや味をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、すなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです。」というセリフが印象に残った。 自分が感じた思いや記憶や感覚や経験を人に伝えるため、自分の中で咀嚼するため、思い出すため、『ことば』を使う。 ことばは自由であり、生きている。 人が生き続ける限り、辞書も、ことばも生き続ける。 とても面白く、感慨深く、ことばというものに魅了される本でした。 この本を読みながら、次々出てくる知らないことばを辞書で引きながら読むのも楽しかった。

2年前

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」

行動のなぜ?を知りたいときに考え方を得るために良い本。でも、人の行動を必ずしも環境要因に求めず、個人のせいにしてしまいたいときも少なからずある...。具体的な“解決策”が、必要なときに使える“手段”がこの本の中に提示されています。

2年前

ペンギン・ハイウェイ

夏休みにふさわしい話。とてもかしこい、冷静で科学的なものの見方ができる主人公のアオヤマ君はなんだか生意気だけど、とても純粋で可愛くて好感が持てる。憧れの歯科医院のお姉さんもサバサバしていて2人のやり取りが楽しい。 episode1~2はほのぼのした雰囲気でゆったり時間が流れ、3からは物語が展開し始め、4ではドキドキして「一体どうなってしまうんだろう!?もしかして...!?」が止まらない。 夏の暑い日に、SFファンタジーの世界にすっと飛び込める、不思議で、最後はちょっと切ない物語。

2年前

4165a9d4 b03c 4b32 a46c 0fc98eaa0097386f1e27 03d9 4177 9525 d62222654c06F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b825324ef3 0952 4d42 a1ef 120426e40dbdIcon user placeholder0fa24efc a289 4f09 a3d2 60ff541b224a 66
おはなしして子ちゃん

誰しもがなんとなく考えるような狂気を具体的に言葉にしたような短編集。 ホルマリン漬けにされた理科室の猿にお話ししてとせがまれて殺されそうになったり、一日一回嘘をつかないと死んでしまうエイプリルの話だったり。決して理解はできなかったけど興味深く読んだ。

2年前

0043c799 bdea 483f b9fb 1a42c18bb583A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad
文・堺雅人

文才がある。そこらへんの俳優さんが書かれたとは思えない知的な文章表現。 思い返せば仕事の内容ばかりだったなぁ。日常生活のことも少し知りたかったけど、ひとつひとつの仕事に真摯に向き合われていることと、役作りは特にしていないと書かれていたけど、与えられた役になるまでの監督やご自身のイメージを言葉で置き換え、そのことについて考えを深めながら準備される方なのだと感じた。

2年前

Dbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d18104942435 6bef 4cae a8c5 787bc63e6763Fcc06004 07b0 430d 8944 9d99bb56b72e135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」

仕事のカウンセリングに使えるかと思って読んだけど...積極的に使いたい感じではなかった。エッセンスだけは取り入れようかな。

24日前

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

子どもの頃と違って、大人になると、驚く機会が減っていくから、時間が早くすぎてしまうのだろう。 驚く機会が減って、驚く力も減っていくのだろうけど、少し見方を変えて、些細なことにも驚きながら人生を楽しみながら歩んでいきたいと思う。

3か月前

ナラタージュ

仕事で出会う高校生の女の子が読んでいるというので、図書館で借りて読んでみた。 高校教師への恋心が断ち切れない大学生の女の子の話。 恋愛小説ではありきたりな恋愛関係かもしれないけど、2人の関係はとても深くて暗い。 だからこその結びつきの強さなのだろうと思う。 胸キュンなどではなく、生きている間に一人の人をこんなにも愛せることの素晴らしさやつらさを改めて感じることができた作品。 映画は、たぶん観ないかな。 葉山先生と泉が、松本潤と有村架純では2人の恋愛関係が美しく描かれすぎると思う。もっと影を背負った雰囲気の役者さんに演じてほしいなー。

9か月前

Icon user placeholderC53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37cDd5154e5 a0bf 4da5 8241 81fbec7685f9A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b046ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffc 21
逢沢りく 上

読んだ。 泣けたね、りくちゃん。

1年前

ミノタウロスの皿

面白すぎてわくわくする! 地球や人類の終末を描く作品がとても面白くて、 原子力や、放射能、人口の増加や減少、戦争や疫病を 大局的に捉えていて、自分がいかに『今』しか考えていないか 思い知らされます。 おもしろいなぁ~藤子先生!!!

2年前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400E973acc1 b8a0 43bc bb6a 0732d20be3d7Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a574912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Icon user placeholderB797b0a3 09ee 4a52 a3aa d08a18330049 17
自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

もっと早く読めばよかった。 お母さんと相談しながら、変えようとしていた行動は、自閉症児にとっては楽しかったり愉快だったり、必要な刺激だったり、自分でも抑えきれない難しい感情だったりするんだと知った。 こうして、当事者の思いや、感覚や、言葉や、彼らが生きる世界を知ることで、もっと有意義で適切で、自己満足に陥らない支援ができる、いや、しなければならないと思った。 難しいけれど、彼らの世界をなるべく知る努力をしたい。彼らはコミュニケーションが取れないだけで、心の中では私たちと同じことを考え、それが態度や言葉で見せられず苦しんでいることが往々にしてある。 発達障害児者の支援に携わっている人には必ず読んでいただきたい一冊。

2年前

96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8E1d3b3d9 066a 4a53 9b0e 0dc30ac7ad457c84ba86 f173 4ffc 9a14 3bcc6cfd02a7B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca2ab9962d 57b4 41d0 b73c 482b1b0a8942579bdecf 5520 44cd b0d8 cde6097efc7e 10
統合失調症がやってきた

2時間少々で読める。相方松本キックとのやり取りに泣かせられる箇所が何度もあり。加賀谷の自殺を止めようとキックの送ったFAX、復活を決めた二人の久しぶりの舞台...ハウス加賀谷が統合失調症を発症する背景要因(家族関係)から、きっかけ、症状のもっともひどかった頃の閉鎖病棟での生活から、復活までの軌跡が本人の思いも赤裸々にまじえて綴られています。ただのエッセイとしても、精神科の専門書としても、読み応えのある本。

2年前

897f1d39 3e04 47c6 88e0 41c3e417a0ff6a853055 d44d 4bf5 b0dd da8d41322656
モルフェウスの領域

現代では治療困難な網膜芽腫の新薬を待つために、凍眠(コールドスリープ)するという発想は興味深く、倫理的な問題を投げかけられているように感じた。コールドスリープから目覚めたアツシくん側の心理面や行動面をもっと描写して欲しかった。

2年前

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211861cdabc c8db 4967 a8d5 a0cadc6745da
ない世界

いろいろなものを“なくしてみる”ことで、これまで突っ走ってきた人生を、「じっくり眺める」ことができると思った。

2年前

D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b75657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0102257c3f 5889 4bd4 982b e524d0bc0c50C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
馬鹿な男ほど愛おしい

「愛とセックスと子供」には同感。同じことを考えてた。「人生二十九歳変動説」には私の転機はこれから?とどことなく励まされ、「嘘つきの背後霊」は泥酔したランディさんの口から出る流暢でとめどない嘘が小説みたいに面白くって、特に「時空を超えるもの」は時空を超えて好きという気持ちがいつか君に届くという田口さんの確信にキュンとしてグッときた。

2年前