Btn appstore Btn googleplay

新刊

安倍三代

安倍三代

Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

現首相に対する痛烈な批判。

約11時間前

暴虎の牙

暴虎の牙

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

Bighead

趣味:読書、バスフィッシング、ガ…

シリーズ完結編。一気読みだった。

約11時間前

外は夏

外は夏

65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6

Emmy

なし

どこに行きたいのですか、、、夫が中学生を助けようとして二人とも亡くなった話、 覆い隠す手、、、、思春期を迎える子供が自分の考える子供とは違うらしい不穏さ?

約12時間前

56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa8Icon user placeholder
逢魔が時に会いましょう

逢魔が時に会いましょう

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

大学4年の高橋真矢がアルバイトで民俗学者の布目准教授の助手となり現地調査に同行 座敷わらしと河童と天狗といういるのかいないのか定かではないものを求めての珍道中 2人の掛け合いが楽しく どちらが年上なんだかと微笑ましい しかも真矢の方が調べてる先生よりも遭遇する率が高いという特異体質みたいで 先生に頼りにされてるっぽい それならそれで真矢を『シンヤ』と呼ぶのは直した方がよいのではないか 仮にも生徒であり女性ですから

約13時間前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e68cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6 21
時間革命

時間革命

Icon user placeholder

gohanmorimoritabemasu

毎日の読書の時間をとるきっかけになった本です。 自分にとって有意義な時間を過ごさないと意味がない!他人に時間を奪われるな!という強く明確なメッセージに当てられ、自分の行動を変えることができました。

1日前

2f5d3875 a81e 4165 9e15 1e098ceed44bIcon user placeholderD7991cd9 530f 4ed5 9bd2 32421df157fe 9
うまくいったやり方から捨てなさい

うまくいったやり方から捨てなさい

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de

かずい@ゆっくり読む

自己啓発とかエッセイとかをよく読…

『これまでうまくいったやり方』ほど、次の新しいステージでは『足かせ』になることが多い。 本当に大切なものに対して、『もったいない』とは言わない。 スキルアップは一つの「逃げ』 スキルアップを主眼に置きすぎているとき、そのままの自分で受け入れられ、愛されることから逃げているケースが結構多い。 「嫌だはNO 怖いはGO」で判断する。

1日前

死にがいを求めて生きているの

死にがいを求めて生きているの

H4vpnusd normal

関口 流輝

熱入るの遅め

つくづく実感することが、ある。 今も関わりを持つ人たちと、何故定期的に会おうと思うのか。 細かく分ければ違う性格や価値観があっても、親近感や安心感を感じるのは何故だろうか。 この人とは合わないと、頭の片隅で不快感を抱くのは何故だろうか。 答え、とは違うけれど、本気で読み解こうとした時に、この本はある一つの結果に辿り着いているのではないか。 断定は出来ない。だが、はなから否定もできない。 衝突を俯瞰しているつもりでも、沸々と感情が沸き上がっている自分がいた。 末恐ろしい作品だ。

1日前

Bead2fae 216b 4c45 bcc6 e37d1d7b19c72f78f22e c1b2 4d9d 8c73 4167d76f6f405b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3 76

秋吉理香子「サイレンス」

サイレンス

田舎と都会という対比から見えてくるものが数多くある作品。執着心と狂気が日常にカモフラージュされながら散りばめられている。とても好きな作品。

7日前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c6e06434f 6727 44ec bf31 3dd26bab581bIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder15cc0f72 f7bb 4035 911e 724d99656147

長嶋有「愛のようだ」

愛のようだ

人間関係の距離感が、とてもリアリティーがある。なんてことのない日常の話なのだけれども、実は恋愛小説。 最高の片思い小説。

6日前

7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00Icon user placeholder3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9cCbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 16

小野正嗣「踏み跡にたたずんで」

踏み跡にたたずんで

短編集。一編あたり5ページの文章。所々に文章の内容と共鳴する写真が挿入される。国内外の町や村。目の前にいる老人や動物。彼等と触れ合いながら、その場所に気配を残している過去の誰かや何かの吐息を聴く。消失する寸前に。

8日前

Rimg0547 normalIcon user placeholder824c23c6 eb75 42e0 a260 6f8b6edf2a68Icon user placeholder5auf1tjx normal9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8Icon user placeholder 22

森見登美彦/阿川せんり「美女と竹林のアンソロジー」

美女と竹林のアンソロジー

竹林には非日常性を感じる何かがあるのかもしれない。 あとがきにも記されている通り、竹林的なものがだんだんと近づき、そして竹林的カタスロフィーを迎える。 竹林と美女が等価交換であるかどうかはさておき、両者共に幻影的で魅入ってしまう何かがあるのかも知れない。 どこまでも伸びる、根元は皆同じという不気味さ、残酷さは美女に通じる不気味さと残酷さであるのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

12日前

A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67ebC415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715824c23c6 eb75 42e0 a260 6f8b6edf2a68Icon user placeholderDd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24cIcon user placeholderIcon user placeholder 12

平庫ワカ「マイ・ブロークン・マリコ」

マイ・ブロークン・マリコ

Web漫画として連載され、初回から大きな反響を呼んだ作品のコミック版。 唯一の友達であったマリコが自殺したことを唐突にテレビのニュースで知らされたOLのシイノが、亡き友人の骨を家族から奪い取り、骨壷を胸に抱えて海に向かう。骨になったマリコを、彼女を死に追い込んだ鬼畜のごとき父親と、ただ傍観していた母親から引き離して、生前、彼女が見たいと口にした海に行くのである。 これがデビュー作とは思えない画力、テーマ設定、ストーリー展開、シーンとシーンに挟み込まれる回想シーンなどの簡潔で効果的な描き方。漫画家としては新人だが、映像作家のキャリアがあるらしいから、その蓄積が奏功しているのかもしれない。 一読、悲しく救いのない物語だが、骨になったマリコにシイノが大きな自由をプレゼントしたのだと考えれば、ある種の救いがあるのかもしれない。死してなお鬼親の束縛から逃れられないとしたら浮かばれないはずだから。同時にシイノも、自分に一言の相談もせずに逝ってしまったマリコに対する複雑な思いやわだかまりを清算できたのではないか。 読み終えた時に胸の奥に独特の余韻を残す物語。

26日前

6af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0Icon user placeholderLeefqcqp normalIcon user placeholderF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040D8f788a6 cb1d 46f3 8d80 86191b820a661109cbf3 5113 4054 81dd 777370d240b9 33

黒川伊保子「夫のトリセツ」

夫のトリセツ

面白かった。 全部脳のせいだと思うと、 夫のことをだいぶ許せるようになる。気がする。 「息子のトリセツ」も書いてほしい。 2020.3

28日前

0a4cdb9a a4a5 460b afd2 d3146b4f406a98ef021d 9c1e 42bd b268 6fd8f97ad9ccIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 24

東畑開人「居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書」

居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書

心理士としてデイケア施設に飛び込んだ筆者の体験記としても十分楽しい本だったけど、デイケアに対する筆者の考察が深くて面白い。 辛さは向き合い掘り下げ乗り越えないといけない、人間は変化し成長しないといけない、目標は達成しないといけないとする『セラピー』の思想に対して、何もしなくても「ただ居るだけ」ができる居場所を作ること、変化がなく同じことを繰り返す日々を日常として守り続けること、その居場所の中で構成員同士が支え合うことにより互いの辛さを癒し合い癒され合うことが『ケア』の思想。 人は、あえて何かをしなくても「ただ居るだけ」ができる「居場所」を見つけ、周りの者に自然と依存できるとき、本当の自己を出せるという。 多くの人は、そんな居場所を家庭とかサークルとか色んなコミュニティーの中に見つけていくが、それができなかった人に「居場所」を提供するのが、デイケア施設である。 ところで、現代人の中には、デイケア施設にこそ入っていないものの、デイケア施設が提供するような「居場所」を見失っている人や、「ケア」が枯渇している人が結構いるのではないかと思う。 PDCAを必死に回して、何かをしなければ、何かを達成せねば、少しでも前進せねばと常に迫られ、何もしてないし何も変化がないけどただそこに居るだけで心地よくて本当の自己を出せるような「居場所」が会社にも家庭にもなく、それゆえに癒し合い癒され合うこともできず、日々孤独に生きる人たちが。 この本は、利用者に居場所を提供するデイケア施設の課題を書いた本だけど、デイケア施設に通わない人であれば、それらの課題に自分で向き合っていく必要がある。 どのように自分で「居場所」を見つけていき、自らをどう「ケア」するかという課題に向き合う人々皆に、この本の考察が何かしら役立つのではないか、と思う。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f321Akiaivjyeuyp25rambwaA7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de4Icon user placeholder 61

文芸

石を積む人

石を積む人

 4ixkq93 normal

あい

高校生の時、途中読み止めることができなくて次の日学校なのに朝まで読み続けて朝号泣してるところを母にどんびかれたなー。懐かしいです。

約8時間前

6af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb021617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffE22a306f e041 4563 9b66 f99e0a57b06e
フィフティ・ピープル

フィフティ・ピープル

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

韓国の大学病院に勤務する人々とその患者、彼らの友人や親兄弟など、様々に繋がる50人の短編小説集 年齢も境遇も違う登場人物たちが、実はみんな繋がっている その仕掛けだけでも十分魅力的なのに、各々の物語がとてもいい 50話もありながら飽きさせることなく、しんみりしたりクスッとしたり、考えさせられたり この50話の中に必ずお気に入りになる一話が見つかるはず 多くの人にオススメしたい

約10時間前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64F3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd11e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d5 9
正義の翼 警視庁53教場

正義の翼 警視庁53教場

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

警察学校ものの4作目。某教場シリーズを冊数では逆転したのでしょうか。 本作の主な事件は警察学校の外で起こりますが、それが学校内の事件と関係していると思わせながら解決のヒントになるかと匂わせつつ、実は…と読者をミスリードさせる点は非常に楽しめました。 作品はあくまでフィクションなので、前作では警察学校長が警部だったのに本作では警視になっていたり、キャリアとノンキャリアの役職が同期と表現されていたり、そのほかにも現実とはかなり異なる部分がありますが、それも作品を面白くするための脚色ということでしょう。

約11時間前

コミック

鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか

鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか

B07485af ffd3 41ef a0a6 d123026c9679

maiko miyatake/bookrooming

しりとり読書はじめました

しりとり読書9冊目。『地球にちりばめられて』からの「て」ではじまる本。 とにかくタイトルがいい。 カバーの装幀もよい。 銀地にスミでアトムのイラストとタイトル・著者名のみ。 でも、だからこそ古本屋で目を引いた。 2003年の本なのでロボット工学に関するあたりはどうしても古い内容になってしまうが、ロボットは「心」を持ち得るのか、という今も存在する問いに、「◯◯」がないためにそれは難しいのでは、という回答が得られたのは私にとっては新鮮だった。ぜひご一読を。 レオナルド・ダ・ヴィンチの研究者である著者が見出した、手塚治虫とダ・ヴィンチが共に持っていた科学者の感性と美意識への言及も興味深かった。 装幀 著者 次は「か」からはじまる本。

約7時間前

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dFbe2c892 873b 4ade b81e 21b2e23ddb69
ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(1)

ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(1)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

クソ真面目な風紀委員に目を付けられた、小日向。 真面目だけが取り柄で頭が固いのだが、「学力」だけは決定的に欠けていて、実はバカというポンコツな風紀委員。 でも話してみると誠実で良い奴で、段々とつるんでいくようになっていった。 キャラが濃いのはこの風紀委員だけかと思っていたら、保健委員、図書委員と、“◯◯委員”と付く人はどこかおかしな人ばかり。 テンションの高いマンガだな〜と思いました。 もう一つポイントがあって、主人公・小日向の名前がキラキラネームな事。 そのせいで下の名前で呼ばれるのが嫌とか、将来恥ずかしい…とか、現代的な要素も入っていて、この作家さんは若い人かな、とも思いました。

3日前

Icon twitter border Icon facebook border 本のニュースを配信中!

文庫

壁

4c45c8d3 4a6c 490f 8f95 31ab58ecc824

こー

システム開発者

ふしぎの国のアリスみたいな頓珍漢なストーリーで不思議な感覚に包まれる。そして「自分」とは、「存在」とは何か、境界線(壁)は 何なのか考えさせられる。名前がなければ自分でない?いやいや現に私は存在している。しかし他者が認識してこその「存在」であり、名前もなく識別できない私は私ではないのか?人間は他者との関係で存在し、「自分」もその関係性で存在しているのかと思う。そうなると自分と社会を切り離せない。しかし絶対的な「自分」もいて禅だとそれが最強としているっぽい。バークリー、ソシュールあたりから深掘りしようかな。

約4時間前

9427a9f3 7078 48cc b392 d43bf03ff60e03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f23F269d941 e37c 425f b136 01ab545c527c 54
強運の持ち主

強運の持ち主

F5fd6318 e881 427a 8a13 0cf2cd4a1bea

らっきぃ

2020.3.7はじめてみた

難しく考えず、コミカルな人物と出来事にほっこりする。ゆるーくなりたい時に読みたい本

約6時間前

220b7e4e 70e7 4af3 9ddd 4ecc0b33c328Icon user placeholderEb816203 c195 4d42 99c6 a4624202909d 47
二十歳の原点

二十歳の原点

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

『「独りであること」、「未熟であること」、これが私の二十歳の原点である。』で知られる本書だが白状すると初めて読んだのは不惑の年を超えてからだったので、実家のトランクルームにある段ボール箱から引き出してきたようにあの頃の感情をある程度は客観視できる。 それがいい事か悪い事かはわからないけど10代の頃に読んでいたら全く違った影響を受けていたのは間違いない。生きることに真摯に向き合いもがく必死さとか忘れていた感情を思い出した。残念ながら遠い視点からだが。 「人間っていったい何なのか。生きるってどういうことなのか。生きること生活すること、私はどのように生きていくのか、あるいは死ぬのか。今、私は毎日毎日広小路で講義を受けるがごとくアルバイトに通い働いているのだが。」p.85 「これからの学習の方向について。-状況を把握し方向を見出すこと。アナーキズム、弁証法…全く方向が定かでない。とにかく本を読み、ピタリとくるものを見出すこと。(マルクス主義から漫画に至るまで)」p.197 「未熟である己を他者の前に出すことを恐れてはならない。 マルクシズムのマの字を知らないからといって帝国主義の経済構造を知らないからといって、現在の支配階級に対する戦いができないという理屈にはならない。私の闘争は人間であること、人間をとりもどすというたたかいである。自由をかちとるという闘争なのである。人間を機械の部品にしている資本の理論に私はたたかいをいどむ。 その一方で私は私のブルジョア性を否定していかなければならない。 その長い過程で真の己れを発展させていく。それは苦しいたたかいである。が、それをやめれば私は機械になる。己れが己れ自身となるために、そして未熟であるが故に、私はその全存在をさらけ出さなければならない。」p.197 そんなに肩肘張らなくても大丈夫だよとリラックスしていこうよとポンと肩をたたいてあげたいが、それこそが若さの持つ純粋さなんだろうな。いやそんなに純粋なもんでもないよと若い人は思うかもしれないけど(自分もそう思っていた)、歳月重ねるとそのふてぶてしさ鈍感さは想像以上!まあ誰でもそうなるとは思うのだけど。 著者は自ら命を絶ってしまうという選択をしたが、生きてればそのほとんどはクソッタレでロクでもない事ばかりだけれど、朝早く起きた時のヒンヤリした空気感の青空だったり時々イイこともあったりする。

1日前

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bAe4628c3 3cbd 45f3 bf49 a92e458a47f4Icon user placeholder 19
十角館の殺人

十角館の殺人

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

十角館の殺人、読了。 最初に発行年代を見て予想よりも昔の作品だと思った。 そう言えば昔からたまに名前を聞いていた気がする。 本屋の文庫コーナーで見かけていたのだろう。 トリックはそんなに凝った、というものではなかった。 よくある密室、仕掛け、小道具だった。 そして殺人の動機もよくあるものだった。 それでも最後の方で思わず感嘆の声を自室で漏らしそうになったのは、 やはり物語の構成、あるいは見せ方が良かったからだろう。 推理、ではなく、構成にトリックというか仕掛けがあった。 自分としてはそういう感触だ。 物語の中ではなく、読者にその人にトリックを仕掛ける。 そんな印象。 自分はそれに引っかかった。 ではなく、引き込まれた、か。 もしかしたら何処かに事前に事件を説くヒントがあったのだろうか。 自分なんかでは気が付かなかったし、読み直しても気がつくとは思えない。 終幕を観た推理劇をもう一度観る気は無いが。 推理力がある人なら、初見でも犯人が分かるのかな。 他に読んだ方が居たら是非とも歓談してみたい。 最後に、 自分は飲み会は嫌いでした。 だってお酒弱いもん。

1日前

Icon user placeholder6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06G30jthmc normal 41

新書

交渉力

交渉力

Icon user placeholder

GORI58

考えることが多くなってきた

交渉は大きく分けて2パターン  ・敵対的交渉  ・協調的交渉 実践的交渉では「3つの手法」  1.利益を与える(譲歩する)  2.合法的に脅す  3.お願いする 具体的な交渉術  ・相手の「絶対に譲れないライン」を探り把握する  ・譲歩の余地があるところで交渉する  ・絶対譲れないラインで交渉が膠着すれば要素に分解してさらに交渉の余地を見出していく  (抽象的な概念を具体的なレベルに落とし込んで議論する) 「交渉の終わらせ方」の原則  ・交渉は握手で終わる その他  ・「相手を侮辱しない」も大切   →江田憲司とは喧嘩別れ。反省。  ・ 交渉は始まる前に9割決まる  (要望と譲歩のマトリックスを準備)→先行譲歩  ・ガンガンと押し込む事はやめた方がいい。人間関係はいろんなところでつながっている。 話のネタとして面白かった  ・私立高校の無償化  ・大阪市営地下鉄の民営化  ・「ヘロヘロ作戦」→体力をつけて対応!  ・部下と接するときには「獲得目標」を明確にする   →会社員の場合、経験を重ねるにつれ自分が経験したことのない部署の管理職に起用されることも多々ある。 新しい部署の管理職に就いてその部署の仕事がわからなければ部下の言ってくることに「うん」というしかない。優等生的に「皆さんの力を貸してください」と言うのはよくあるパターンだが、全面的に部下の力に頼り切ってしまうとお飾り管理職になってしまう。ゆえん「自分はこの部署でこうしたい。このようなことを考えている」「ここは譲れない」と言うことを部下にきちんと伝えることが管理職のあるべき姿。その上で「力を貸してください」と伝える。

14日前

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787Image normal
おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

68821a78 309d 46a5 8301 17e7f4d8d48e

misaki

積読が多い読書初心者です

視野を幅広く持つこと、幅広い知識を持つことが、必要だと感じました。 「すぐ役に立つことは、世の中に出て、すぐ役に立たなくなる。すぐには役に立たないことが、実は長い目で見ると、役に立つ」 ここがすごく印象に残りました。 学生時代、即戦力になる知識しか必要ないと思っていた自分に、読ませたい本です。

16日前

Icon user placeholderF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040Icon user placeholder 91

ビジネス

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略

4c45c8d3 4a6c 490f 8f95 31ab58ecc824

こー

システム開発者

グロースハックの入門書。 ・ユーザーにどんな価値を届けられるかから考える ・自動テスト、定量データ表示できる体制を整える      AARRRでなく、ARRRAを提唱し、まずはアクティベーション(ユーザーが求めているサービスか)からはじめる点が面白い。  アプリ開発はスピード感を求められると改めて実感。この考えをどう法人用アプリに取り込んでいくか、頻繁な更新について上層部をどう説得できるかが課題。A/Bテストは、顧客の特性的にできないだろうな(^^;;

約4時間前

Icon user placeholderCf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176D1d82de1 fa95 4b2b 9b94 bf8c07785f86 10
広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0199 2020/03/28読了 コピーライトのための本ではあるが、コピーに限らず、クリエイターには必要な考え方を書いている本。 たくさん書いて、選んで、引いて見て、状況を考えて…。奇をてらう必要はない。 「そういえばそうだね」の考え方は気づかなかった。本当に「そういえばそうだね」! 繰り返して作れる人になりたい。

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 26
最難関校 ミネルバ大学式思考習慣

最難関校 ミネルバ大学式思考習慣

F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc040

RY0G4

ペットボトルを食べる微生物の研究…

【最難関校ミネルバ大学式思考習慣】 おすすめ度★☆☆☆☆ 未知の世界で適切な意思決定を導くことができる思考・コミュニケーションスキルが必要。 学校はいまだに機械に置き換えられる人のを創ろうとしている。 意思決定能力が必要やと思うから、小学生の頃から選択の機会を多く用意して自分で責任を取らせることができたら、おもろい人いっぱいになりそう。 実践的な知恵 情報判断力 問題解決力 情報発信力と統率 協調力 問題解決力の思考動作 ①問題→②発見の促進→③問題の解決→④製品/プロセス/サービスの開発→① 誤字脱字が多すぎて、、、 内容は微妙かな? 自分が難しい局面に立たされたとき、自分の中に社会的責任の判断基準を持ちにくいのであれば、自分を大切に思ってくれている人に対して、自分がどんな責任を持っているのかを意識してみるのも良いかもしれません。 #ミネルバ大学 #問題解決力 #メタ思考 #最難関校ミネルバ大学式思考習慣 #山本秀樹 #日本能率協会マネジメントセンター #読書記録 #読書 #本 #読書ノート #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい #Book #2020 #読書男子 #読書女子 #読書家 #読書の日 #読書人 #29冊目 #ryogabooks

1日前

僕は明日もお客さまに会いに行く。

僕は明日もお客さまに会いに行く。

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

子どもの頃から躾けられていたはずの相手を慮る礼儀は大人になるにつれて、いつのまにか形骸化されたものになっていく場合もある。 その事に気付かず生活しているのは、ある意味自分にとっても周りの人にとっても損な事なのではないかと本を読みながら思うようになった。 気持ちと姿勢を相手にきちんと見せてかかわりを持つことは大切だ。自分から関わりを持つ気持ちを示すことで、自分に興味を持ってもらえるかもしれない。そうなるとこちらとしても、更に相手への興味を持つことができるようになるかもしれない。 相手を思う気持ちを示すことがコミュニケーションなのだと学んだ。

3日前

6af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0Icon user placeholderIcon user placeholder

暮らし

本番に強い子の育て方

本番に強い子の育て方

1c4d685c 9271 4bcb 85b3 1099b4eacf71

こえびぞう

いい本みっけ

メモです。 緊張は誰でもするもの 気づいていないことが深刻 マイナスの感情をもつことは悪いことじゃない あらゆる事態での感情を想定し、その時にどんな行動をするかを考えておく   感情を予習することが本番に強くなるコツ つまり、慣れ。 ✖️いいイメージをもって寝よう OKラインのレベルは高くしない。 できたを積み重ね自己肯定感を高める

4日前

食のほそみち

食のほそみち

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

わたしが日頃読む「食」に関するエッセイは、日常の食事のありがたみとか特別な会での食事だとかをつらつらと書き連ねていくタイプのものなのですが、酒井順子さんの鋭い洞察力にかかると、日常の食生活はこんなにも「その人そのものを表すもの」と化してしまうのか!と驚きました。 たったそんなことだけで?!と言いたくなるけれど「…たしかに」と妙に納得してしまう説がたくさんありました。そして、名付けの面白さ。笑 「無駄海老」って安直そうだけど、一番的確に表現しきってますし。 わたしの何気ない「食事」にも、わたしを表すあれやこれやが滲み出ていて、もしかしたらそんな所から私は相手に何かしらを感じ取られてるかもしれない…そう思うと、日常に接している食事って、自分を作り上げる要素として切りたくても切り離せない存在なんだなあと痛感しました。 とりあえず、作者の酒井順子さんの観察力には感服します…!

6日前