新刊

51 4r3ouaml
Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

前作「花の性」は、私の生態学著作のベストだと思っていたので期待してた。これだけ分かりやすい文章を書けるのは素晴らしい。が、項目が複雑に絡み合って全体像が掴みにくい。縦糸というか柱をきちんと示して欲しかったな。まあ、テーマがテーマなんで仕方ないかも知れないけれど。

約12時間前

51mkgxwpbql
272492b6 d6db 4ed6 aa02 37ab6d2d62aa

オオトモ

雑食

個性的で魅力溢れる登場人物がてんやわんや忙しなく活動していて、まるで勢いのある小劇場の舞台のようである。 特に、物語中盤からの、ジェットコースターのような展開は、読んでて飽きない。

約20時間前

02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8E913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871c
51zycsorjkl
0c380149 1d06 481a bccc 789b525fe1bf

猫頭巾

すこぶるくすぶる(((((

以前パートナーからオススメされ、今日書店にて購入。現在読んでいます。冒頭の「知とそれを生み出す営みは孤立しては成り立たない。」つまり、裏を返せば、知識を蓄えることとアイデアを生み出すことは地続きにあるということ。これからどんな内容が待っているのか楽しみです。

1日前

51pnbqphwql
Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 東京…

年齢も職業もバラバラな6人の女達が 泣かされた女性達の仇を討つために ターゲットになった男の社会的地位も金も家族も根こそぎ奪う復讐業を裏でやっている話 相変わらずの黒新堂で えげつなかったです 3番目のターゲットは ほんとに鬼畜

1日前

41omni3ypwl
2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6

blue_moon

読書好きです

多種多様な分野の科学、文化、学問の研究者が、それぞれに、左と右、対称と非対称についてから、発想し考察を深めていく、左利きの私としてはたまらない、様々な角度から興味をくすぐられる楽しい一冊。中でも、左脳的人間と右脳的人間の対比から、ケルト的な感性や美学に対して展開される、仏教にも繋がるような万物流転の思考に、思わず、そうか、と感じいってしまった。

1日前

61u5 mpqkql
1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

直感と衝動って、真理。

1日前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f4308a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c015aeaeab 370d 4d93 bdef 06129a9c6ab4 9
61k1twhstkl
1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

人間って、特に女ってどうしても、比較によって人との距離感とか序列とかをはかってしまう。人と比べなくて良いほど絶対的に自分を認めてあげられていたり、他人に執着しなかったりって、羨ましいけどきっと不可能だ。

1日前

88486a1c 1d71 4300 84f6 04d1d7d7e02cD7e4c604 478d 45c7 ae97 616360fc52f7E640ef27 2ca5 4174 bc91 ca42c20e9091

ゆっくり・じっくり 松田奈緒子「重版出来! 7」

51tcblbzssl

中田伯・バイク便さん・漫画家賞・山縣ルウ先生と担当の鈴木さんの話でした。 この巻は今までの巻に比べていい意味で「ゆっくり・じっくり」なテーマが多いなぁと思いました。というのも、今までであれば一種の「焦り」が出てくる話があって「え、どうなるの?!」って登場人物たちと焦ってたりしたのですが、この巻は「ははぁ〜なるほど!」とより奥深く漫画の世界を知ることのできる話が多いのだなと思いました。 その中でも!やっぱり山縣ルウ先生・担当の鈴木さんの話が一番好きです。ドラマの中でもちょろっと出てきたのですが、もう漫画好きな少女だったら全員が手に取る漫画なんだろうな〜って想像できちゃいます。笑 そして「あえて売り込みをかけずに売る」というのが「確かに確かに!」となりました。私もついついAmazonとかのレビューの星の数とか参考にしてぽっと買っちゃうんですけど、本屋の棚の端っこに少しだけ積んである本とかジャケが良いってだけで買っちゃった本とかが予想を超えて面白かった時ほど「むふふ」と思う瞬間はないです。笑 もちろん、レビュー参考も良いんです、それが素晴らしい作品であることに変わりはないから。だけど、「これはどっちなんだろう、面白いのかな?」とか考えてドキドキしながら帰って、そのあと読む。これも至福のときですよね。 巻末の「ドラマ化!」と銘打ったあとがき?のような漫画もとても良かったです!

1日前

C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef

心を委ねない問題 こだま「夫のちんぽが入らない」

31nuzjyleyl

夫となる人とセックスをするも、あまりに相手のモノが大きく、ちんぽが自分の中に入らない。その様子を岩盤の硬いトンネル工事に喩え、ピストン運動が硬い壁に阻まれて貫通できない時の、自身の身体への衝撃を「でん、ででん」などと軽妙に表する。このくだりを電車の中で読んだ時、声を押し殺し、肩を震わせて笑ってしまった。 まるでネタのような出だしだが、この作品はこだまさんの優しくもおかしみのある眼差しを通じて、夫婦や結婚のあり方だけではなく、家族、親子とはなんぞやという内容にまで踏み込んでいる。 ラストに「母は甘えて欲しかったのかもしれない」と書いたくだりがある。 上手くいかない人間関係には、心を委ねない問題がいつだって横たわっている。私はこれに近い言葉を母にも言われたことがあるし、別れた男性にも言われたことがある。そう、これはこだまさんだけの特別な話ではなく、誰でも身につまされる話なのだ。 この本に書かれている内容は、実はヘビーだ。辛い話が出てくるたびに、漫才で言うところの「なんでやねん」的に、「ちんぽの入らないわたし」という自虐の表現がちょうどいいタイミングで出てきて、読者の心を救ってくれる。あっ、タイミング的には「なんでやねん」だけど、読後感的には志村けんの「そうです、私が変なおじさんです」に近いか。ま、どっちでもいいや(笑)。 帯を見ると、発売後即重版、11万部、とある。 すごい!このご時世にすごい! でも、わかるわ……、そんな作品だった。 何故なら、こだまさんの人を見る眼差しが優しいから。人を上から目線で見る人なら、きっとこんなに売れなかっただろう。

1日前

7112ed55 d4d0 4f74 aad2 fd35e7a62197Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12D72b8f95 27f1 4dc4 98a5 05515e933b71263e10f4 f894 4c3e acbc a7eea8062810377c1a98 acef 4d85 b001 5bfcd20b4426Adc4101a de4e 4c2f 9811 109a480c7f20848d673d c210 4fb1 9509 7d64f2ebb9f1 59

個性あふれる5人のパン職人 フィルムアート社「パンの人 仕事と人生」

413fsvfmaol

『コーヒーの人』に続くシリーズ第2弾! ペリカン(浅草)、ツオップ(松戸)、空と麦と(恵比寿)、365日(代々木八幡)、ビゴの店(鷺沼)、老舗から気鋭まで、個性あふれる5人のパン職人(店主)にその仕事と人生哲学について話を聞いたロングインタビュー集。 全ての取材を担当しました。

2日前

68400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88fD046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61

隠花、粘菌 水木しげる「猫楠―南方熊楠の生涯」

51vyg%2bq9irl

P416 面白いことに、熊楠さんは隠花植物にしか興味がない。なぜかって言うと、顕花植物だと生命の本質が花で出てしまう。仏教で言うところの顕教でしょう。そんなのには興味がない。本質的なものは目に見えない所にあると、彼は思っていたわけですね。それが密教だし、隠花植物だった。隠花植物でも、特に粘菌ですよね。つまり粘菌を研究することで、分裂状態の脳を集中していた。

3日前

607e6d58 bc41 4d63 becd 44642399f12643974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d4eebed69 7b61 4835 9fe1 fdd81a7267e8774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a85ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b11586cd73 2304 4cec 81e8 0192892cd78c 11

伝説の美容師 佐藤友美「道を継ぐ」

51slrfyjf7l

アタシ社初の単行本! 49歳で生涯を閉じた、美容師なら知らないものはいない伝説の美容師・鈴木三枝子。 今風の身の丈にあった、丁寧な暮らしとはかけ離れた、熱く、命を燃やし続けてきた女性の物語。 Amazon美容ランク1位。 ノンフィクション3位。 自分の生ぬるさが吹き飛ぶ渾身の一冊になりました。

3日前

塔の森 中西元男「脈動する超高層都市、激変記録35年―西新宿定点撮影」

518zvhqfrzl

35年に渡って新宿の超高層ビル群を定点観測した写真集、 淀橋浄水場跡地のまっさらな状態から京王プラザホテルが建ち、その後住友、KDD、三井、安田火災、野村など雨後の竹の子のようにニョキニョキ立っていくのが興味深い、サンシャインや遠くに筑波山を望むショットもあり。2017年3月5日から5月7日まで「新宿の高層ビル群ができるまで 塔の森クロニクル」が新宿歴史博物館で開催中。写真のパネル展示及びスライドショーも上映中、こちらは激変記録47年となっており書籍より12年も経ったのかと感慨もひとしお、頑張っていた都営住宅も2010年に取り壊し。この本を買った、東京ランダムウォーク赤坂店も閉店と歳月は無情というのか確実に流れている。

4日前

マイナーを追いかける 高原英理「不機嫌な姫とブルックナー団」

510dajmbmgl

作曲家、ブルックナーが作った曲を聴きに演奏会に来た主人公の女性と、女性に「ブルックナーのファンだから」という理由で話しかけてきたブルックナーマニアの男三人、そしてこの小説の題材になった作曲家、ブルックナーたちによる、マイナーなものを追いかける者たちの衝突、困難、戦い、そして団結が書かれている小説。ブルックナー、僕はこの小説を読むまで知りませんでしたが、小説の中で書かれている「マイナーなものを追いかけるファン心理、行動」の部分、かなり共感しました。クラシック音楽に馴染みがなくてもマイナーな音楽、ミュージシャンを追いかけている方なら小説の内容に何かしら反応することがあるのでは、と。

5日前

文芸

51ravpruz2l
4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

夢月亭清修

Blog

プチセレブ層を皮肉りつつ、絵に書いたような幸福と隣り合わせの不幸を暴き出す怖い小説。 主婦という立場やママ友グループなんて環境は男の自分には縁遠いからこそ、読んで良かったなぁと思います。

約2時間前

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f583761e22b46a 7f4d 46b3 9f63 5b0b82c3e9ba
610ftipmgbl
4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

面白い。一気読みした。 急いで次巻を買いに行くよ。

約7時間前

8b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe74bc3f056 3e68 41c2 b19d 14538cde684b
51kf180eehl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

1937年の満州を舞台にした10代の少女と、20代も日本陸軍士官の男との運命的交差の物語です。以前に読んだ『午前4時、東京で会いますか?ーパリ・東京往復書簡』のシャン・サさんの小説です。 歴史的事実を(歴史的事実にも、人や国や見解に違いが有りますし、あって当然ですし、無理にすり合わせる必要も無いとは思いますが)上手く小説として成り立たせるディティールになっています。女の章と男の章が交互に少しづつ進んでいき、無理に説明的にならないところもまた良いです。物語の結末も、それぞれの絡みも充分に小説として上手くて読ませます。とてもこの作者が若いとは思えないぐらいに上手いです。 ですが、上手いからこそのヒロガリに欠ける気がどうしてもしてしまいます。歴史的事実を使い、なおかつ戦争という非情に大きなチカラを使っているのですから、流れとしてどうしても先が読めてしまいますし、上手いからこその、優等生的つまらなさを感じてしまいます。10代の少女に対して20代の男の方が上手く書けているのに、人物として希薄なのです。10代の少女の辛辣さや、矛盾や、感情のふり幅の大きさなどに上手くは無いけれど(20代男の主人公と比較して)リアルさを感じるのです。ただ、どうしてもそのリアルさを作者のリアルさに、またその擁護に感じてしまいました。しかし、上手いです。ですが想定の範囲を越える『何か』が無かったのが残念。とても上手く書けていて、設定も、描写も上手いのに。何故かとことんのめり込むという所まで行かなかったです。小説の終着点も、上手いけれど、上手さが鼻についてしまうのです。それでも作為的過ぎて興醒めな短絡的なモノよりは上手いです。 上手い小説が好きな方、運命的、という単語が好きな方にオススメ致します。 2007年 12月

約8時間前

コミック

51tjlg65yol
62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7

ナカムラ

漫画漫画漫画漫画

一番好きな漫画。団地に住む小学生のお話。嬉しいとすぐ飛び上がり、サッカーではすぐハンドし、冬でも半ズボンでお小遣いはすぐ使っちゃう木下友夫と団地周辺の物語。ギャグ漫画というわけではなく、哲学な時もしんみりな時もSFな時もミステリーな時も何もない時もある。自転車がかっこいい。

14分前

51hfwqfzhol
62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7

ナカムラ

漫画漫画漫画漫画

ダメ人間賛歌。小中高と青春を送ってこなかった人はきっと共感するシーンがあるはず。こんな目なのに喜怒哀楽がすごく伝わる。ちょっとポップな空洞漫画。

34分前

5cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc6d606262 8c8b 410b 8bdc a8cdb3b8f02457db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd3
61cccalomwl
62641d40 8225 4b31 8c35 c7c404b985f7

ナカムラ

漫画漫画漫画漫画

虫の気持ち悪さと女体のエロさと童貞の滑稽さをなぜか織り交ぜた、終着点の見えないSF漫画。1人でニヤニヤしながら読むやつ。

38分前

0f4eeef0 78fc 473a 9d56 1717e6cf66078e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e57db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd3

Icon twitter border Icon facebook border 本のニュースを配信中!

文庫

513a2gc8sdl
25b9f30c 0dae 45f2 99ba 957cfe3afcfb

320

小説を中心に面白そうと思ったもの…

タイムスリップしたお侍さんがパティシエに!というエンタメ小説。現代で奮闘する侍の姿に、今の自分たちが何を手にし、何を失ったかを思わず考えてしまう。 題名に惹かれ息抜きに読もうと購入したのですが、小学生から大人まで幅広くおすすめしたい。

約2時間前

Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7Db2d5272 a1e5 4bc5 90b1 c54c7c83ad864369fdaf 6980 41fe 935c ad86258838ad
41d6asmc  l
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

久しぶりに読んだ江國さんです、帯に「きらきらひかる」の10年後を描く作品を含む短編集と書いてありましたので、つい。 江國さんの作品の中ではやはり1番好きなのは「きらきらひかる」なので、続きが気になりました。で、それ以外の短編もいつもの江國さん作品です、みずみずしい文体で、愛情にストレートな女性が主人公で、エキセントリックな1面を持ち、感情の起伏が極端に大きいか、小さいという特徴があり、理解ある男性(ゲイ含む)が出てくるという特徴があると私は考えています。ですが、初期の作品に多い特徴です。最近のものは読んでいないので、少し違ってきているとは思いますが。 個人的には「清水夫妻」が1番好きです、お葬式に出る事を趣味とする中年の夫婦との交流を描いた短編ですが、私の好きな江國さんの作品です。「きらきら~」の続編というか10年後の近況を視点を変えて描いた作品「ケイトウの赤、やなぎの緑」もなかなか良い、カラリとした作品で、あの夫婦はそうなるであろうという10年後を裏切りません、そこが良かったです。蚤との格闘を描く「災難の顛末」も唸らせる作品です、恐いです。 しかし、中でも1番気になったのは最も短く、力強く、それでいて江國さん個人のプライベートは全く知りませんが、何となく私の中で素の江國さん個人に近いのではないか?と(もちろん私の勝手な、ヨコシマな想像です、失礼ながら)思わせる人物の出てくる「夜と妻と洗剤」が強烈な印象を残しました。恐ろしい短編です。 ゆるい日常に起伏を与えたい方に、軽い(けれど軽すぎるわけではない)物語をお求めの方にオススメ致します。「愛」の重さと軽さの対比も味わえます。 2007年 10月

約9時間前

Feead139 1717 40ab 982e cdf56221030087076ae7 4397 46a7 a85e 57716715b9d9C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e12 15
51trdtlzcfl
Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

良かった。さっそくDVDもレンタルしたが、これは途中で投げた。

約13時間前

Ad2f901a 0de5 41be a62e a8935ecf35296cf3714c 88b8 40a5 aa62 302a2b27f5e8F06da8df dbb8 4838 ace3 7992b2805ac0 10

新書

31rndzsqtml
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

人にとって『欲望』とは何か?どのように捕らえるべきなのか?を脳科学者(私は著者を広く深い知識を人々に 分かりやすく 広める努力をしている人と捕らえています、また哲学者です)茂木さんが考察していきます。 中でも孔子の論語のとある有名な部分から思索を始めていきます。 「子曰く、吾れ十有五にして学に志す。    三十にして立つ。      四十にして惑わず。        五十にして天命を知る。          六十にして耳順(したが)う。    七十にして心の欲する所に従って、                 矩(のり)を越えず踰(こ)えず。」 矩=倫理的規範の事です。 ここの七十の部分に茂木さんはひっかっかります。 はたして、心のおもむくままに行動をして、倫理的規範を超えない、というような状態はありえるのか?この点を様々な方向から思索します。茂木さんの好んで使う単語、知識、人物、作品(クオリア、偶有性、セレンデピティ、主語を置き換える事、文脈、モーツアルト、夏目漱石の「こころ」、アハ体験)が様々出てきます、とても面白く、ためになり、頷ける思索の読書でした。 茂木さんは非常に頭が良いです、きっともっと複雑な話し方も、専門性の高い方々を相手にも話す事ができる上で、あえて、分かりやすい単語や例をあげて説明し、マスメディアにも乗り、いわゆる大衆を相手に引き受ける事を好んで出来て、そのうえ専門性を捨てない稀有な方だと思います。 ですが、私の尊敬できる、作家であり、批評家でもあり、冷静な観察家でもあると私が思う金井美恵子さんが茂木さんの文章を評していわゆる「あどけなさ」を指摘して(いるように私には感じられた)茂木さんのことをモギケンと称するのですが、上手いけれど、ある程度分かってやっていると思うのですが、その「あどけなさ」が多分金井さんには鼻につくのかなぁとも考えました。けれど、私は好きです、茂木さんの文章も、話しの広げ方も。 中でも「アクション映画とサンゴの卵」という章はかなり面白かったです、自身の行動の源泉ともいってよい『欲望』について考えてみたい方にオススメ致します。 2007年 11月            

約8時間前

41i8g4cmrzl
Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

マラソンが禅と似てメンタルなスポーツだ、というのは同感。マイペースでと書きながらもタイムを意識するのは意外。走ることだけを楽しんでる私とは違うのね。

約13時間前

31v1ap6hnml
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

エッセイスト、同時通訳者としてというより、私個人と致しましては某週刊誌に書評欄を持っていた頃(著者の晩年)に知りまして、なかなか鋭い方と思っていました。ところが、急に書評欄が癌治療の民間療法などの本を読み、実践するという事に変わっていき(その内容がまた凄まじいし、見事なのですが)、昨年亡くなられてしまった方です。 その米原さんの講演を4つまとめたものです。内容がまた自分の考えの死角を突いてくる考察に満ちた本でした。 男と女の愛の法則を考察した講演では、「メスは量を担いながら質を追求し、オスは量を追求しながら質を担う」とか、「オスはサンプルだ!」などのある程度肯かせる名言が出てきます(どう肯かせるかは、読んで見てください)。 またその後もグローバリゼーションや翻訳について等についての講演もさらっと読めて鋭い、あるいは厳密な言葉の使い手で、なおかつ無粋にならない所がまた、とても良いです。 職業柄やはり1番鋭いと感じた事は「コミニケーション」についてです。言葉という道具についての、また道具として使わざるをえない言葉という記号とその受け手の言葉に対するイメージのギャップの問題などの考察はとても素晴らしいと思いました。 言葉を使う全ての方々にオススメ出来ます。あなたの言葉を出来るだけ有用にコミニケーションに役立てる為のキッカケになってくれると思います。 2007年 8月

3日前

Fef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b901c354a e7a4 4def b175 313c30679550

ビジネス

41rfthelozl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

堀江さんの中でも、この回送電車シリース゛は私にはタマラナく好みのタイプの本です。短い散文集というかエッセイというか、書評も交じってるし、捕らえどころが、う~ん...、というカテゴライズされる事を嫌う様な、いつもの堀江さんの文章です。 いつもの通りの、計算されていない様に感じさせる、そこから生じる素朴感を失わせずに、恐らくは緻密な計算のもとに書かれている、読ませているのであろう細かな伏線や気づき、些細な物事のささやかな違い、そこから感じられる穏やかな視線や、気遣いなどを読み手の心に余韻を残す、いつもの文章です。 中でも私が気に入ったものは、「ネクストバッターズサークル」の何処にも所属していない、宙ぶらりんのような円と、雨の日のバスに乗り込むときの濡れた傘との関係や、「メロンと瓜」の細かな記憶の糸がたどらせ、めぐり合わせたメロンと瓜から広がっていく世界の中の【顔】の事や、「古書センターで一万円がっちり買いまショウ。」の堀江さんが選ぶ本の関係性や、「新宿の西から早稲田の西へ」の受験生から新入生への変化の時期の人と人の些細な繋がりがもたらす変な感情、「プルーストへの感謝」の骨董店店主と私のやりとりのおかしみ、「この指と、この指と、この指が」の武田百合子の素晴らしさ!、「明かりの質」の白熱電灯への偏愛の吐露、「ドーラについて私が知っていること」のドーラと私と携帯電話の奇妙な関係、「スポーツマンの猫」のモーニングセットから繰り出される妄想の世界への旅立ち、「ファラオの呪いが町田まで。」の短い旅行記とも言える行程とファラオの呪いの正体、などなどさりげない、何気ない日常をたまらない何かに変えるチカラをもった文章が素敵です。 特に表題作「アイロンと朝の詩人」は素晴らしいです、「彼女はスラックスのうえを行ったり来たりする」から私が想像してしまったものと、朝の、知らないうちに詩人になってしまっていた生徒と先生の間柄は好きです。 堀江さんファンなら是非!、また知らなかった事に気づく楽しみを味わいたい方にオススメ致します、日常が変化していきます。タイトルをつけるセンスも(私個人が)好きです。 2007年 10月

約9時間前

51momsacz%2bl
3f29f608 0395 4533 8f72 b7745abee2a6

Tomomi Suwa

ビジネス系の実用書と、変わった家…

子供だけではなく、大人にも役立つ問題解決の本。 論理的思考に基づいた問題解決方法が載っているので、ずっと使える知識が身につきます。

2日前

Cc5a96fa 4cbe 44c2 90c3 aa641708ed2005835935 28ca 410c b948 7e20fc1a10778599800f 23e6 48f1 be65 f0297de547c4 21
61jqei2t5fl
8a02a554 d74b 45ea 8e30 2b762f6d4220

Chinari Shimasaki

愛知県の美容師

世の中で華々しく成功してる人の本は 読んでは捨てるほどあるけど、 大多数の人が目指すべきトコロが 詰まった本 華々しい成功者と現実との葛藤ってのは 前向きに勉強してる人ほど感じちゃうんだと思う、、、 この本に共感する人が増えれば もっともっと世の中は明るい 地に足つけて 目の前に向きあって 高い目標に向かう そうありたい☆

2日前

02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b83a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f430458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9
51ck54xmt5l
0b423a7c ed5e 4855 992d 435506d27cfa

とむ

よろしくお願いします

大変勉強になる本でした。 腰帯で阿川氏がおっしゃるようにいかに自分が「聞く」ことができていなかったかを実感させられます。 本書の序にて、多弁な聖人などあり得ないと述べられています。本書の読後には、相手の話に口を挟まず素直に聞きに徹するということはまさに聖人の域に達した者のなせる技だと納得させられます。 私自身の経験でいうと、なまじっか心理学関連の本を読んでいるせいで、知らず知らずのうちに相手の心を勝手に推測しようとしてしまう、ということが多々ありました。 「相手のことは相手のことしか分からない」という当たり前の前提を忘れてしまっては本末転倒です。 本書に書かれていることはそう簡単に実行できるものではなく、即効性はないかもしれませんが、日々の生活の中で少しずつ意識を変えていくきっかけになるのではないかと思います。

3日前

64dc2734 b7f9 4904 963d 31e7de648ed12d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db

暮らし

51mknneaaal
22b6ed82 cf53 436f 84fa b63ac1619f84

Tunetomo Yamamoto

頭の体操がてら、月に2冊

柔道経験者が柔術をやる際、とても参考になる技術書だと思います。

1日前

41xvuaossyl
099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

ミニマリストが行き着く先はたいがい高級品なんだよね〜。わかる気はするが。 厳選されたシンプルで上品な物たち。ステキですねえ。憧れますねえ。

3日前

0a1644e2 2535 42f4 ade2 30313aff35fc6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cFf23ee54 9921 45ac 9e49 71d09fbf1624
517lmd8yyul
24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

油のこと 油の害について 外食はできないなぁ これ読んだら

3日前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cFed224af 7dac 4599 bd00 498e1cf629ee550dabf0 b985 45c5 889e 87a8c4c42a2a
51rog2%2bhlcl
E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

爪を育てるという発想。

4日前