こだまの本

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない こだま

話題になった本。 やっと買う勇気がでた。 ずっと気になっていて、見かけるたびに買おうか悩んだけれど、やはり、人目を気にする了見の狭いわたしは、手に取る勇気が出ないでいた。 けれど、ある本屋で、もう1枚、別の、感想で埋め尽くされたカバーをつけて販売されているのを発見して、やっと買うことができた。 自分の小ささに悲しくなった。 しかし、本屋さん、ありがとう。 ナイスな配慮です。 なんだかドライだけれど、あたたかい夫婦。 私はそう感じた。 干渉はしない。でも、分かっていて信じている。 素敵な夫婦だ。 風俗のくだりはつい笑ってしまう。 何も言わない妻。そして、気づかない夫。 どちらも愛らしい。 セックスは夫婦にとって大きな問題だと思う。 それはしょうがない。 だって、男と女なんだから。 生物的な視点でいってしまうと、 そのために生まれてきたのだから。 でも、出来なくたって別になんてことはないんだ。 いろんな夫婦の形があればいいんだよね。 私は、隣にいるこれから夫になる人と、 どんな夫婦になるんだろう。 この作者夫婦のように、 相手のことを理解し、支えられる夫婦になりたいと強く思った。

675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45dEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Icon user placeholderB2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7371cb3f366 9b41 439f 806a b9c844c1517d 120
夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない こだま

オーディオブックにて 性行為の描写がユーモアに溢れていてパワーワードが炸裂している。 オーディオブックなので破壊力がすごい。 口淫のシーンで「作物を慈しむ百姓」と聞こえてきたときはひゃく、ひゃくしょうってと腹筋が震えた。 あと性行為についてあらゆる比喩がなされているのにちんぽはずっとちんぽでちんぽのゲシュタルト崩壊が起きた。 しかし内容自体は重く、けれど様々な人の心にもそれらの1つは悩みとしてあってひっかかるような。 読んでよかった作品。

C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46F0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a80dd80297 8be6 4abd a307 fad98a44bf9938aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692Icon user placeholder3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c 175
ここは、おしまいの地

ここは、おしまいの地 こだま

本の中に絶えず漂う哀しみと愛おしさ。 こだまさんの書く文章は本当に好きだなぁと。 本の中に私がいる。ずっと「どうして自分なのか」と迷う私のかわりに、こだまさんが言葉にしてくれている気がした。 こだまさんが幸せであったらいいな。

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c65a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f768d40626 4601 4883 9a85 74361a8bde57D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b67a4da19 f67e 4437 80e7 764ce119951a62ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d0F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 33