アガサ・クリスティーの本

終りなき夜に生れつく

終りなき夜に生れつく アガサ・クリスティー

クリスティーが自らのベスト10にも選出した、ロマンスサスペンスの傑作! まず最初に、この「終わりなき夜に生まれつく」には、ポアロやミス・マープル、はたまたトミー&タペンスも出てきません。 クリスティーといえば、それらの「シリーズもの」のイメージが強いのですが、私の中ではむしろ「それ以外の、特にロマンスもの」にこそクリスティの偉大な作家たる所以が垣間見えると思っています。 特に「愛の小説シリーズ(「春にして君を離れ」などを含む)」やこの「終わりなき夜に生まれつく」は、実はクリスティが一番書きたかった小説なのではないか、と感じてしまうほど印象深い作品なのです。 主人公の「マイケル」は、<ジプシーが丘>と呼ばれる呪われた土地で、富豪の娘「エリー」と出会いま、恋に落ち、結婚します。マイケルの友人で、「天才建築家」のサントニックスに依頼して理想の新居を建てる。 しかし、「この土地から出ていけ」と警告する怪しい占い師に怯えるエリー。莫大な遺産を引き継いだエリーを取り巻く親戚の人々。やや異常なまでに親密なエリーの世話係グレタを嫌がるマイケル。。。と新婚生活は少し不安定。 果たして呪われたジプシーが丘で始まった二人の新婚生活はどのような結末を迎えるのか!? (いわゆる「衝撃の結末」が待っています!) 自分が本当に欲しいものが何なのか、または自分にとっての幸せってどういうことなのか、全然わかってないことって多いんですよね。 愛の小説シリーズにも必ずといっていいほど物事の本質を見極めているような、優れた考え方の登場人物が1人出てきます。この作品ではマイケルの友人であり建築家の「サントニックス」がそのポジションと思われます。 彼の考えは「正解」であり、彼のいうようにできれば一番良いのですが、実際はできないことが多い。エゴや欲、色々なものがその人の周りには渦巻いており、そのようにはできない。。 単純にトリックだけでも楽しめますが。そのような「マイケル」と「サントニックス」の対比にも着目すると、また一つ面白いのかもしれません。人は自分にとって何が1番大切かをわかっていないことが多い。。。 ジプシーが丘という美しくも、呪われている場所で、エリーと出会ったマイケルの本当に求めているものは何なのでしょうか? 衝撃の結末とともにお楽しみください!

Icon user placeholderIcon user placeholderAc547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480eDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3caE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4
アクロイド殺し

アクロイド殺し アガサ・クリスティー

幸運にもトリックを知る前に読み終えることができた。フェアかアンフェアかの論争があったのは知っていたけど、真相に驚かされると喧伝されている作品であるため、「そう来たか」という驚きと「こういうわけか」という納得で半々。何を書いてもネタバレを示唆しそうなので控えめに言うけど、個人的には有りだと思う。読み終わった後、三谷幸喜がドラマ化した「黒井戸殺し」を見たのだけど、冒頭の演出に拍手してしまった。ドラマとして、あの演出が冒頭に来ることで大分フェアに感じる。

Icon user placeholder75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd720f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52013579f0e 45c7 4964 9a73 9b2a7980d5407ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b7 19
ゼロ時間へ

ゼロ時間へ アガサ・クリスティー

ゼロ時間とは殺人事件が起きる時の事。事件が起きる前から始まり、解決までのストーリー。事件前の話に張られた伏線がきれいに回収されて気持ちいい。長さもちょうどよくて、小説を一気に読んだのは久しぶりだった。