エーリッヒ・フロムの本

愛するということ

愛するということ エーリッヒ・フロム

愛について脳天から雷を落とされたような衝撃を受けた本。夫婦の仲がぎこちなくなった時に出会い救われた本。愛し方や愛され方がわからなかった自分にとって愛は技術であり鍛錬が必要なことを教えてくれた本。さまざまな発見があり、その時々で深く考えさせられる、人生の要所で読み返してみたくなる本。

Icon user placeholder875c4541 5b9d 49cf 8529 d1820f8e97c4Dd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f92Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 179
悪について

悪について エーリッヒ・フロム

「愛するということ」と併読してみようと入手したまま積ん読中。夏までに読み終われるといいな。。

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a53c7bbad9 32cd 4019 b5af 67b43d38dae6