カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)の本

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) フィリップ・K・ディック

有名なSF。映画「ブレードランナー」の原作であるが、やはり色々違う。 「逃亡してきたアンドロイドを処理して報奨金を得るバウンティハンターの話」 ではあるのだが、行き詰まる死闘や駆け引きを楽しむというより、さまよいがちで不安定で小市民的な警官が、 「報奨金が出たら電気羊じゃなくて本物の動物を飼ってやる」 という社会的ステータスを夢みたり、でも思惑通りにいかずがっかりしたりする話だった。 「人間とアンドロイドを隔てる違いは共感性の有無である」と本作では言っているが、他者に共感できない人間はアンドロイドみたいなもの、というのは言い過ぎか。

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7Cb81cf0a a26d 4ed4 9e1f 09e821a81af48fccfba6 78fc 477f a546 a3125957caa1 179