カート・ヴォネガットの本

国のない男

国のない男 カート・ヴォネガット

メキシコ旅行のお供のうちの1冊。トランプという人がアメリカ大統領になった今、この国を旅しながら読むと、ヴォネガットのアメリカ批判がいっそう刺さりました。

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1137bc3cb67 009f 4284 be7e 41b874c0e360Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc8611261c 1ad0 4233 a307 927ad28eccc0 14
はい、チーズ

はい、チーズ カート・ヴォネガット

実は初ヴォガネットですが、それがこの未発表短編集でよかったのかどうか。最寄りの図書館にはこれしかなかったから。取り寄せ予約で他の有名なやつを読みたい。これはこれで、切れ味が、また。

11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e15742caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7d74fb5f b55c 406d b2e6 361d4d44641c 9
ガラパゴスの箱舟

ガラパゴスの箱舟 カート・ヴォネガット

随分と今とは異なった人類のいる未来から、どうして人々がそのような道筋を辿るに至ったかを語る物語。 シンプルに生きることが困難だからこそ、世の中を複雑にするあの知性というやつを捨てた新人類が少し羨ましい。 所々登場する新しい人類の描かれ方が、ぼくにはどうしても退化には思えない。

Icon user placeholderDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholder9cf7c76d 55fe 4a2a a0c1 fbe3338a9ec08e873ed0 faeb 4e4e a315 1c278aaef866 19
国のない男

国のない男 カート・ヴォネガット

初めてヴォネガットの本を読みました。面白い。みんなが見て見ぬふりをしていることを、ぐさりと描き出したり、クスッと笑えたり。

Be95d78f 8108 4eff 8194 cfddaac041cb2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 24