スティーヴン・キングの本

アトランティスのこころ〈上〉

アトランティスのこころ〈上〉 スティーヴン・キング

スティーブン キング の「アトランティスのこころ」を読みました。今頃なぜ?って感じですが。きっかけは書評家の豊崎さんが良かったって言ってたのをたまたま思い出しただけなんですけどね。それも新潮文庫の棚の前でなかったなら買わなかったかも。 でも、キングっぽくなくて良かったです。例えるならティム オブライエンです。「カチアートを追跡して」よりも「ニュークリア エイジ」のキング版です。オカルト臭はほとんど抜きですから、青春モノに興味ある方で、地方生活経験者の男性にはお勧めします。 私は地方で大学生活と寮生活経験者なので(東京でも寮生活者で、大学にキャンパスがあった方は該当します)かなりはまりました。ある意味9.11後に読むコトにも意味がある気もします。ベトナム戦争ってやはり大きい教訓だったな、と。ただ、その経験が生かせてない感じもしますけど。 ただ、これを映画化するのってどうなんでしょうか?映画の方は見てないんですけど。 2006 5月

A6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f525d972df 2c11 4eab 8c45 63f7be37eddd
トム・ゴードンに恋した少女

トム・ゴードンに恋した少女 スティーヴン・キング

9歳の女の子パトリシアが、母と兄とピクニックに出かけ、そこで2人とはぐれて広大な森の中で迷ってしまい、たった1人でのサバイバルが始まります。 大好きなレッドソックスの選手、トム・ゴードンと空想の中で言葉を交わすことを心の支えに、過酷な状況の中を何とか生き延びようと試行錯誤して頑張る様子に、何度も傍に行って抱きしめてあげたくなりました。

A6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f5562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a
デッド・ゾーン〈上〉

デッド・ゾーン〈上〉 スティーヴン・キング

事故によって5年近く意識を失っていた主人公のジョン・スミス。 長い月日によって彼の身体は衰え、父母は疲れ果て、かつての恋人は家庭を持ち、莫大な入院費が積み重なっている。 そして何より呪いともギフトとも言える超能力を得てしまった。

Dff5f21c c61e 45af 9d3a 657e377ee0a35919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc
シャイニング〈下〉

シャイニング〈下〉 スティーヴン・キング

ただのホラーでない。人の気持ちの弱みに付け込む作者と読者の心理戦。恐怖は、自分の中にある。自分のエゴを覗いて痛手を負った。

A6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f5F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Icon user placeholder78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c827fe391 535d 402c 8104 ed5efca98f6dB7790ca3 fdfc 41ab 96ff 2b4e508c9cca 8
任務の終わり 下

任務の終わり 下 スティーヴン・キング

ミステリーから、サイコへスティーブンキングならではの展開。最後は、泣けるし、辻褄の合わせは、さすが。

359d604c 95e2 434a bdbb 18d0e0c5e18b5e563d19 5dbd 4f64 92e0 b4fde87f27eb6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f
ドクター・スリープ 上

ドクター・スリープ 上 スティーヴン・キング

★★★★★ 前作シャイニングが大好きなので、主人公のその後を見ることが出来て感激。 ぜひ、シャイニングを読んでから読んでみてほしい。分類的にはホラーなのだと思うけど、感動した。シャイニングは、ドクター•スリープでもって完結した、と感じた。

A6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f5Ed5a3e4d 8ad4 4e51 8175 6a945d76e24a6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb
アンダー・ザ・ドーム 3

アンダー・ザ・ドーム 3 スティーヴン・キング

ようやくTVドラマの呪縛が解かれたのか別物として話が読めるようになった。ビック・ジムの独裁者ブリにはイライラしてきた。早くバービーの復活が待ち遠しい。4巻に期待。 とは言うもののビック・ジム、ジュニア、バービー、ジュリア、ジョーなど所要キャストの顔はそのままだけど。

書くことについて

書くことについて スティーヴン・キング

さすがキング❗️真摯に未来の作家のために包み隠さず語ってくれた。少し前に村上春樹のこんな本を読んだが、(小説家という職業だったか)それより面白く読めた。決して交通事故のせいではない。

1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46B2eb7f11 d487 4e6b 9536 48029411188313e885d0 0dce 4d1c 9afe 76608652a9cd22353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f0731051f886c5 640a 4286 b44d 6ebfd358308b
キャリー

キャリー スティーヴン・キング

デビュー作にしてこのレベルの高さに驚いた。 キャリーは恐ろしい子ではない、恐ろしいのはキャリーを虐げる人間だ。

0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bbF7cc8b41 9bf3 4364 8d51 e09ee3aecdba95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd