デービッド・アトキンソンの本

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論 デービッド・アトキンソン

面白かった。 日本の多くの経営者からしたら「都合の悪い」論調の本。 でも、この本のようなデータを並べられたら、反論するには同じレベルでデータを並べないと意味がない。 感情的な反論とか、稚拙な反論などは、本書の中であらかた潰してある。 しかもこの人も「日本の会社の経営者」であるから「お前に日本型経営の何がわかる」という類の反論も出来ないだろう。 原因が経営者にあると主張しているが「全てが経営者の責任」という訳でもない。 この本を読んだ経営者も非経営者も、同じ目標に向かって行動していけば、日本人が持っている潜在能力を発揮できる社会経済が実現すると思う。

04d39ccc 2f5b 49fa b63d 8ac2c41bd982416e7e11 2043 41fc 89d6 a9efc08cc0407b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea40342911c 797e 4239 8954 4404ffdaf23f967537af a3af 458a bbf4 62a7e6015c3a
デービッド・アトキンソン 新・観光立国論

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論 デービッド・アトキンソン

日本のおもてなし、は実は独りよがりな自己アピールだったんだなぁと本書を読んで、初めてそういう視点が持てた。きっと多くの日本人が気づいていない。だって、それは自分たちにとって疑いもなくいいことだから。でも、それが外国人が求めていることとは一致しない。よね? 最近思うのは、日本人よりも外国人の方が日本という国に関心を持ってくれているのでは、と思う。日本の文化、歴史、自然、私たちはなぜ関心がないのだろうか?今の日本人は自分のことばかりが気になってしょうがない気がする。 本書の全てを受け入れ、観光立国を目指す気にはなれないけど、大いに取り入れるべきポイントもたくさんあると思った。 特にゴールデンウイークの廃止については、まさにゴールデンウイーク中に読んでいて、著者と同じ思いをよせる。 休みが集中することになんのメリットも感じない。それより同じ日数分休める制度がある方が、休む側も、観光業を営む側も、そして海外旅行客にとっても全員ハッピーなのになぁ。

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b04d39ccc 2f5b 49fa b63d 8ac2c41bd982014253d4 6080 4951 9119 24735184a69648b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561F3184588 52ef 47fa 896d a8d8cb9ff49e6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36 10