ポール・ドーランの本

幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする

幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする ポール・ドーラン

まず幸福の定義から始まる。幸福は快楽とやりがいが持続すること。なるほど、よいだろう。から、詰め将棋のように話が進んでいくのだが、行動科学に依拠しているからか、確かに納得なことが多い。ビジネス本、自己啓発本の類に入るのだろうが、早川書房だし、なんかどことなく面白がり要素があり良かった。

F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8Cf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a9