ミラン・クンデラの本

不滅

不滅 ミラン・クンデラ

キッチュに変えられて残されていく自分の人生。自分の実人生がもし美的な嘘で飾り立てられても、死人に口はない。 存在と忘却の乗り換え駅であるキッチュのl'immoetalité は、確かに恐ろしいかもしれない。

F3430e90 ba52 4365 ad21 c4292a48a8c57e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e72f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7bE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c
冗談

冗談 ミラン・クンデラ

抒情的な青春時代。 小さな1つの冗談によって大学から追放されてしまったルドヴィグは、復讐のために生きていく。 全ての冗談が真面目に受け取られる世界、共産主義体制下のチェコで、クンデラと主人公の青春時代が重ねられる。 青春はクンデラにとって 自分のことしか見えなくて、それでもそれが愛だと思う、初々しく未熟な時期らしい。 青春と愛、憎しみと赦し、復讐。 復讐の虚しさ、盲目的な人生の空虚さ クンデラ作品でも結構好きだな

F3430e90 ba52 4365 ad21 c4292a48a8c57e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7eC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2
存在の耐えられない軽さ

存在の耐えられない軽さ ミラン・クンデラ

人間というものは、ただ一度の人生をおくるもので、それ以前のいくつもの人生と比べることもなければ、それ以後の人生を訂正することもできないから、何を望んだらいいのか決して知りえない。 人生はたった一度しかないから軽いのか、たった一度しかないから重いのか。 どちらも間違えではない。 どちらも正しい。 問題は、自分がどちらに属する人種かということ。 重さと軽さについては、漠然で多意義なテーマなので、本書を読んで考えて欲しいと思う。 恋愛に限らず、人は常に選択を迫られる。上記で記した通り、たった一度の人生だから、どちらが正しいか確かめる術はない。 だからこそ、この本を読んでその時に備えて欲しい。

B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0D30b5b4b d7cd 4fc4 94a4 174879c889f2Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132614d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132 44