七月隆文の本

ケーキ王子の名推理4

ケーキ王子の名推理4 七月隆文

シリーズ4作目 コンクール優勝でフランスに来た未羽と颯人 高校生2人 どうなることかと思ったけど 颯人が英語とフランス語が割とできるようで楽しむことができてよかったよかった カロリーヌにも再会できたし 文化祭に来た漣のおかげというのか颯人の気持ちが知れた未羽 今後ますます楽しみ

Icon user placeholderIcon user placeholderDac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a956ef3346 c550 48a9 9928 ccf910b98251De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd38269da1 c683 4a83 8085 e09d99871441
ぼくときみの半径にだけ届く魔法

ぼくときみの半径にだけ届く魔法 七月隆文

写真の専門学校を出た主人公の須和仁 友人が有名なカメラマンになっていたり 周りがどんどん仕事を取っていたりする中 売れない自分だけが取り残されている ある日偶然とった写真に写っていた陽(はる)と知り合い 彼女の家へと写真を時々見せに行くようになって 仕事が舞い込むようになった 難病とたたかう彼女との恋は 普通の人たちが当たり前のようにできることができなかったりしてる分 純粋ででもとても脆い だからこそ綺麗な気持ちで幸せを噛み締めている彼女を守り続けて愛し続ける主人公との恋は応援したくなります

Icon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053D1227b35 5445 484c b871 2372938a64080824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c1Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559e67a5618d 21b4 4e56 9b97 54c5a9c2c5649908e875 f19d 4b83 9e94 640572b54318 13
天使は奇跡を希う

天使は奇跡を希う 七月隆文

クラスに翼を持った本物の天使が転校してきた 翼が見えるのは 良史と成美と健吾だけ 彼女が天国に帰れるように協力することになり いろいろな所に行ってみたりした 彼女の嘘は 真実を知った友達に 優しさと強さを与えたと思う 悪魔との賭けに 勝てて良かった

3d0fa2f2 119a 466c b423 f4214b1502510ac59416 9c4e 4e46 a627 3b31278e874eE7a90a20 6102 4fb8 bdf7 58b3e42879cd39623115 4da9 4142 b2ea 24b1eaef5c2a5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e18f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf31d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05 34
ケーキ王子の名推理3

ケーキ王子の名推理3 七月隆文

シリーズ3作目 修学旅行先で知り合った最上颯人のライバルである大広漣 冷酷王子 vs. 華やか王子 どちらもイケメン その華やか王子が未羽のことを気に入り積極的なお誘いをしてくる 冷酷王子の告白は日本語でないため 未羽には伝わらず だけど今の2人にはまだこのくらいでいいのかな

Icon user placeholderDe6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03C10636bb 0c85 4b33 ab5f e6e3c648e13527bff5de 1d46 4392 8a62 c6a6943543f9 11
ケーキ王子の名推理2

ケーキ王子の名推理2 七月隆文

シリーズ2作目 新学年になり未羽は新しい友達ができた 颯人のリベンジをかけたコンクールもあり、お店に現れた外国人の美女と青山の関係から 青山の過去が明らかになったりと 日々を過ごしている 颯人は頭も良く ケーキ作りにストイックで いろんな謎を解いたりしてるのに 人の恋路に関してはほんとに鈍感で その点に関してのみ未羽が教える立場になれて 二人足したらちょうどいいのかなって感じ

Icon user placeholder12536db1 bb3c 41b8 9ed0 16f4cb02f85bIcon user placeholderDe6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd8578986b b4d2 4227 8576 8d700966e9b1933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606513cf7c2 6674 4d1a a8b4 3b964f01231e 17
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 七月隆文

きっと透明感がある、茶目っ気のある、素敵な女性なんだろね。 描写がいちいち美しくて、 高寿(タカトシ)君と愛美(エミ)ちゃんのささやかな日々は、潤いと愛と思いやりに満ちていたなあ.. 2019/05/18 土

01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1eIcon user placeholder201b687c 1b43 4282 a890 5644508f053b59fe6ba2 c1bc 49c0 95dc d3b31d41afb67b270060 3946 491c ac1d b7ad48f0fba30c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9aD33f3dc8 dceb 417d ab4b 11b9f517e38d 405