三浦綾子の本

積木の箱

積木の箱 三浦綾子

生真面目な教師、純粋無垢な子供、陰のある少年、妖艶な美女などTHE三浦綾子な人物たちが織りなすドロドロのストーリーの中にしっかりとキリスト教文学ならではの罪や赦しのテーマが盛り込まれていました。

氷点(上)

氷点(上) 三浦綾子

辻口病院長夫人・夏枝が青年医師・村井と逢い引きしている間に、3歳の娘ルリ子は殺害された。「汝の敵を愛せよ」という聖書の教えと妻への復讐心から、辻口は極秘に犯人の娘・陽子を養子に迎える。何も知らない夏枝と長男・徹に愛され、すくすくと育つ陽子。やがて、辻口の行いに気づくことになった夏枝は、激しい憎しみと苦しさから、陽子の喉に手をかけたー。愛と罪と赦しをテーマにした著者の代表作であるロングセラー。

Icon user placeholderC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acCf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcIcon user placeholder29bae415 091d 49a3 ba64 6b75017a9b352cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48 17
母

母 三浦綾子

「蟹工船」作者の小林多喜二の母が、秋田弁で生涯を1人語りするのが まるで目の前で優しく聴かせてくれるよう〜。母って とことん子供を信じきれる唯一の存在かもね。 この作家の氷点、塩狩峠、天北原野を学生時代に読んで“人の強さ“の基盤作ったのを久しぶりに思い起こした。

氷点

氷点 三浦綾子

優しい少女の心を、ぽきりと折ったのは、彼女以外のものすべて。

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209f11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8
銃口 上下合本版

銃口 上下合本版 三浦綾子

好きな本を読んだり音楽を聴いたりしただけで、危険思想の持ち主として警察に捕まることがあった昭和初期の日本。そんな思想統制の時代にも屈せず、自分の信念を貫いた青年教師の姿は、今を生きる私達にきっと響くはず。

氷点(下)

氷点(下) 三浦綾子

海難事故で出会った宣教師の行為に心打たれた辻口は、キリスト教に惹かれていく。しかし夏枝を許せず、陽子への愛情も生まれない。夏枝は陽子に気づかれないように冷たい仕打ちを続けている。兄・徹は陽子に愛情をそそぐが、思いを自制するために友人・北原に陽子を紹介した。北原と陽子は心通わせるが、夏枝は複雑な嫉妬心から、2人に陽子の出生の秘密をぶちまけてしまう。人間の愛と罪と赦しに真正面から向き合う不朽の名作。

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e278682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cA7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3
塩狩峠

塩狩峠 三浦綾子

主人公・信夫が幼少期の頃から描かれていて、なんだろう、彼の成長を見守りながら自分も彼との間に友情を築いているような。 青年期の信夫の生き方が本当に素晴らしく、愛=犠牲なんだなぁとしみじみ感じた。

306e3dda 70d7 4374 b3f1 ebb80b4b81d0A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6565b21271b 662f 4f5f b626 609821d5a3f3Icon user placeholderA12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c7178C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c79b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 55