中井英夫の本

虚無への供物

虚無への供物 中井英夫

日本三大奇書の中の一冊。他の二作に比べて読み易かったし、作者の伝えたい事がハッキリしていてメッセージ性が強かった。 最後の方は社会批判のようになっていた。 アンチミステリーって何?と聞かれたら黙ってこの本を差し出しましょう。

Icon user placeholderC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe
きのこ文学名作選

きのこ文学名作選 飯沢耕太郎

きのこアンソロジー なんとも言えない不思議な後味が残ります。 ブックデザインがとても凝っていて 特に、本を逆さまにして読む誘導があるのですが「本人としてはごく自然な流れだけど、周りから見たらちょっとおかしい」みたいなものが内容そのものでこれにははっとしました。

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8
新装版 虚無への供物(上)

新装版 虚無への供物(上) 中井英夫

三大奇書の一つ。 書かれた年代もあり残り二冊よりは読み易くなっています。 一言で言えば、 「求めよ、されば与えられん」 であり、それは逆説的に、求めたからこそ起きた出来事を批判しています。 三大奇書はアンチミステリーと呼ばれることもありますが、3冊の中では最もストレートにそれを表現したものだと思います。

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a7979d5d9 3647 4f3f a310 1f74b9820568C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b73B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8498f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573