中野信子の本

サイコパス

サイコパス 中野信子

脳科学ですべて説明がつくわけではないとは思うけど、なかなか興味深かった。

9ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302A2e279aa 1ad5 49b1 9267 debe374ab393Eecbe2f9 6b2a 4d8c 9471 e259483d7aba3133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e149Icon user placeholderC722804d 59f6 4ff7 bab0 1f332dba7df0C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd 30
努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本

努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本 中野信子

久々に手に取り一気に。 努力することを称賛して、努力することが正しい、という世の中。 目的と戦略があってこその努力。生き延びる知恵と、成功し社会的ステータスを手にすることは、同じ「努力」ではなく、ベクトルも違えばそもそもの本質も違う。 中野先生は、あなたが今日まで生き延びてきただけで、それは地球が生まれてから今日までの人類の成功者でありそれ自体に価値があり、それこそが才能である、と言っているが、私たちが知っている(考えがちな)才能とは違う。 私たちが求める才能は、誰にでも手に入れることができそうなストーリー性を持ち合わせた才能であり、努力すれば手に入れることができそうな才能だ。しかし、この本に書かれている才能は、誰もが生まれた瞬間に持ち合わせた才能のことで、誰から称賛されるわけではなく、ただそこに横たわっているものである。 それは、ヒーローのようには称賛されないが、確かに毎日、確実にあるもの。 人が毎日を生きていく中で、誰かに必要とされ、誰かの心を温め、誰かに必要とされる、能力なのかもしれない。 それは日々の生活。 最後に、目の前にある人生を豊かに味わって行ってほしい、と書いてあるが、これこそが深く心にささり、最大の人類の課題なのだと、これからの生き方を考えされられる。

A2e279aa 1ad5 49b1 9267 debe374ab39309c4c204 f132 4f6d a812 56e69f1488e2Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c4F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1
脳はどこまでコントロールできるか?

脳はどこまでコントロールできるか? 中野信子

2018/01/23 読了 オビには「あなたの脳をダマす方法、お教えします。」とある。しかし、脳はこんなところでダマされるとは書いてあるが、ダマす『方法』は書かれていない。見事にダマされた(^。^) でも、読み物としては面白い。

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f014253d4 6080 4951 9119 24735184a696A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eE479947d cc21 48a4 9688 420e9a889e7a