丹羽宇一郎の本

仕事と心の流儀

仕事と心の流儀 丹羽宇一郎

努力を続ける姿勢や仕事への情熱など、著者の生き方は尊敬するし学べるところは学びたいが、「仕事は人生そのもの」という考え方は古臭く感じてしまう。

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf699195aba 30c2 43c9 a647 34be4bd158e178567457 39fb 407c a866 23a016ddc212Cba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Icon user placeholder20a1c09f 9647 4519 bdea 034d8748d402 8
人は仕事で磨かれる

人は仕事で磨かれる 丹羽宇一郎

おおよそ伊藤忠のトップとは思えないくらいくだけているし、書いてある内容やテーマの変遷はきわめて散文的だけど、「クリーン、オネスト、ビューティフル」を打ち出しているのは10年前にしてとても先見の明があると思う。 結局、時代を問わず極めて真っ当で真摯な経営者だったということなのだろう。

C5daf3e9 68fa 45de 811b eac04c3c70050f2addc7 7b42 4494 a3b6 e27b4a937518
死ぬほど読書

死ぬほど読書 丹羽宇一郎

伊藤忠商事の名誉理事が読書に対する考え方を教えてくれ、読書のモチベーションを上げてくれる本。 柔らかい文章で読みやすい。

Aeed23ac f19d 4bad 85d7 8034c4495b93Icon user placeholderIcon user placeholderBf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481020f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5202c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 79