今江祥智の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ 江國香織

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c10120b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafdEf387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c 20
あのこ

あのこ 今江祥智

なんだか不思議なお話で、でもとても印象に残りました。絵や表紙タイトルの青金字、真っ黒な中身の紙の色や文字など、この絵本のつくりが好き。

優しさごっこ <新装版>

優しさごっこ <新装版> 今江祥智

父さんとあかり、父娘の奮闘記。母にはなれない父と、母にはなれない娘の思い合いつつも何者にもなれない「やさしさごっこ」の物語

本からはじまる物語

本からはじまる物語 恩田陸

有栖川有栖先生のとこしか読んでないけど、『注文の多い料理店』がベースになってて、でも独自で、いつもの作家アリスシリーズとは違う面白さがありました。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8719cbce4 3f1a 4f38 af15 b926f3bbad39
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ 谷川俊太郎

角田光代、広瀬弦のが素晴らしい。 元々の絵本を読んでいなくても中々に味わい深いものがたくさん。 町田康だけ独自路線だったな。 あと山田詠美は苦手。

D7eec114 a3ba 4eb2 95c4 0faddf5b125e30c94016 792c 4a28 8e60 94a0a5e11b8bA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b1fb35c07 f54e 4515 9b78 2078f6a7d6c95c0927e3 bc22 4acb 9359 92b557a59c8602ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106447c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c149 19