伊坂幸太郎の本

シーソーモンスター

シーソーモンスター 伊坂幸太郎

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。 遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。 バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。 誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。 しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。 作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。 つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。 企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。 これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d933ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9fC185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b1752722461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f19fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89 23
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ 伊坂幸太郎

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a27e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619Ce9136e9 9588 4939 8a88 54d00b73eb6cC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbb30121380 741d 45f4 954d 83501dd7d4b7Icon user placeholder 29
火星に住むつもりかい?

火星に住むつもりかい? 伊坂幸太郎

読み進めるのがこんなにもしんどかったのは初めてでした。が、救われた。 それぞれの正義がぶつかるとどちらかは悪とされる、正しさなんて誰もわからないのに。

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d99b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a02011d000 939f 4df4 b531 20c7c29d4c93345e2ca0 2bcf 4e9b 9adc 1ae8817de60e 152
キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下 阿部和重

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3Icon user placeholder9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a3 15
クリスマスを探偵と

クリスマスを探偵と 伊坂幸太郎

真実は1つなのに 真実を知らなければいろんなこじつけというか解釈の仕方で 物事が違って見えたりすることはあって そこから誤解や勘違いが生まれるんだなぁと思う

Icon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acBb4a8563 261c 4319 9007 fd31340978bc2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b92f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b55d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77 14
ホワイトラビット

ホワイトラビット 伊坂幸太郎

読んで良かった、面白かったです! 話が繋がった時のスッキリ感や驚きだけでなく、悩み迷いながらも、間違った状況から抜け出すこと、人としての正しい行いを選ぶことの大切さが心に残った。

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Icon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79727f26356 6cf9 4712 bed0 5320d87bc90aFe3b7eec a153 4acd bf13 812399a11b94C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf05e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 81
短編少年

短編少年 伊坂幸太郎

少年の気持ちは複雑でせつない。 でも少女だって同じじゃないのかな? 自分の子供の頃を思い出しながら読みました。

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7975596b9d4 40c3 496a b8ce 2686b5bfde15F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa577a074d e252 483c 812d de74f7fd36eaCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 8
フーガはユーガ

フーガはユーガ 伊坂幸太郎

表紙のデザインの思慮深さ。 「フーガはユーガ」名前だったのかぁ。 奇抜な名前と奇妙な「アレ」。彼らの過酷な人生と大切な人たちとの出逢い。全てが練り合わされ、ラストに取りこぼすことなく凝縮されます。 不思議な話でありながら、読者をグイグイと引っ張っていくのです。 これは、一気読みを推奨します。

Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholderIcon user placeholder33ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9fIcon user placeholderCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 167
砂漠

砂漠 伊坂幸太郎

北村くんの俯瞰的な感じが自分の息子(中学生)とだぶった。こんな風に色々な友達と出会っていってほしいなって思った。

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70935944564c 0cdc 4683 a72e 4de2441ae1a0182be4d9 4c92 4770 8b5d 2c69cbbc701dIcon user placeholder16aa69cd 45b3 4ecf a830 5e4427419df80f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbb7112f896 7e42 47e6 aed8 4f9bc6f06552 25
AX アックス

AX アックス 伊坂幸太郎

凄腕の殺し屋「兜」は、恐妻家だった。家族を愛する兜は、殺し屋から足を洗いたいと思い始め、遂に覚悟を決める・・・という話。 一つ目のエピソードを読み終わったときは、正直それほどでもないなと。でもラストのエピソードを読み終えると、その評価は一変。 殺し屋の話だが、メインテーマは家族愛。特に最高なのが、ラスト数ページ。妻に対して怯えてばかりだと思ってた兜の心の奥底にある、感謝や愛情。それが明らかになって、心から感動。良い話だった。

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b922f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8aE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400907a996d 9c7a 4e8c ac62 77c43e4282178fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de 34
死神の浮力

死神の浮力 伊坂幸太郎

死神シリーズ第二弾 人間の姿をした死神をシュールに描いている 重たいストーリーに笑いも含まれる こんな死神のキャラクターに少し憧れてしまう

Icon user placeholder00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9207e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f027144dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c3Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51 62