住野よるの本

麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの 住野よる

一般的には天然と呼ばれるタイプの麦本三歩 学生時代は友人からドジを踏もうがポカをしようが仕方ないなぁと笑って許され助けてもらえただろう そんな女の子が社会人になったら・・・ 学生は好きな子たちだけで固まっていればよかったけど 社会人になったら当然合う合わないがあって 中には受け入れてくれない人もいる やっぱりミスばっかりする人とはあんまり仕事したくないかなぁ それに噛み噛み多すぎる

Icon user placeholderD3c988f0 bad0 4829 a271 c05be108d24fIcon user placeholderCfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a066085052c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a5F69103d3 afb8 46b7 9296 be330de91c0d73c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742 83
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い 住野よる

なんだか秋好寿乃にも田端楓にも共感できない自分がいる 理想を掲げて2人で始めた事を 理想に近づくために手段と努力と方法がいるって言い放った秋好達の集まりがやった事は 勝手に個人情報を企業に渡すということだし 自分から離れた田端楓が今更 昔の秋好に戻ってほしいなんていって取った手段も 正しいような正しくないような気がするし 別々の道を歩むことになった時点でもう関わるべきではなかったのではないかと思う

Icon user placeholder81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c6722a3c0d47 f3c5 4793 a4e6 0acb385b84594bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188D655b7d8 95bf 427f 9715 ac07bc61951dD0552a8e 488c 410d bd79 77a3b4233bcb6c876b72 6e94 463a 9040 7d8cef6d61b6 202
か「」く「」し「」ご「」と「

か「」く「」し「」ご「」と「 住野よる

「青くて痛くて脆い」までの住野よる作品の5作の中で、僕が一番好きな作品です。 5人の視点から描かれるため、読み進めるだけ謎が解けてゆき、話が重層的になって行くのがとてもいいです。住野よるさんはミスリードが好きなのだと勝手に思っていて、ヅカと主人公が取り違えるように書かれているところ、ひっかかることがなんだか楽しくもあります。 一人一人のキャラがしっかりと立っていて、キャラクターに愛着がもてます。帯に隠されたQRコードもしっかりと読み取って、おまけも読んで欲しいと思います。

1a5f70ea 6ea5 4012 8409 9b9289c2fc60Icon user placeholder9dbeec54 eefc 4120 a908 9f9abedbf3ce092b73fb 37a4 4534 b8b9 99c2c055f94e81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c6724a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbf4bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188 181
よるのばけもの

よるのばけもの 住野よる

学校でのイジメ。異質なものは排除される空間。 矢野さんは極端なところはあれど一番純粋なのでは。

1a5f70ea 6ea5 4012 8409 9b9289c2fc60Icon user placeholder81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c672F1fc8fe0 6c8e 40c5 beb2 816d59ee92e3Cc2d2b70 379b 4703 8ced a041ad26cb234bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e81882c4afdab bda8 4b97 ab70 f11d171b64d1 195
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい 住野よる

多くの人との関わりの中で生かされていると感じるヒロインと、孤独を愛し自分一人だけで生きていけると思い込んでいる主人公。全く違う存在だからこそ惹かれ合う。 終盤でのタイトル名の回収と、二人の名前の意味。 傍観者でありたいと思ってきた主人公が、傍観者であることをやめて一歩前に踏み出していくラストは、爽やかな読後感。

Icon user placeholderEb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a8C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc82aac1860 4ef7 4288 a5da 6ea49c932d718d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919Icon user placeholder81741301 02c2 4a88 9f34 46df78a0c672 728
また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた 住野よる

『きみすい』作者の第2作。 大ヒット作の次は書きにくそうなものだけど、 しっかり良い話を書いてきた。 小学生の女の子が主人公。 児童文学のレーベルに入ってても違和感なさそう。 幸せは歩いてこない、だから歩いていく。 このフレーズに作品のテーマが凝縮されてた。 ネコがとにかくかわいい。 ナーナー。

Eb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a8Icon user placeholder9dbeec54 eefc 4120 a908 9f9abedbf3ce4a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbf2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c581fb85407 2d76 49d6 9ce1 4664fc23dbb24bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188 161
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい 住野よる

主人公の名前を曖昧にするところや、桜良の性格がまるでケータイ小説かラノベのようで、面白くなかった。 桜良の、不良のような騒がしい性格がうざったくて好きではなく、泣けるわけでもなかった。 話題のベストセラーはあんまり私には合わないようだ。 桜良は通り魔に殺されたのに、主人公が犯人に対する何の感情もないことが気になった。 膵臓の、がんらしき病気が薬でどうこう隠し通せるものとも思えないし、リアリティが薄い。 クラスメイトもやや幼稚なところがある気がして、高校生というより中学生に思えた。 桜良は未成年なのに当たり前に飲酒したりと、不良なところが気になった。病人が飲酒するかよ。 軽すぎてメッセージ性が皆無。一般文芸として売り出して、がっかり。ここまで話題になったのはある意味凄い。

43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa833fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956bIcon user placeholder99a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d48481124 9f7b 4be3 a8bc ba2ed06a726bIcon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc 262
よるのばけもの

よるのばけもの 住野よる

いじめがテーマなので、楽しいとか面白いと言った印象はない。 終盤に「本当の自分ってどんなだろう?」と考えさせられた。

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d500e81384 5ff6 4389 a819 84cc15487092A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6aB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 19