加賀乙彦の本

ある若き死刑囚の生涯

ある若き死刑囚の生涯 加賀乙彦

1968年、走行中の横須賀線で手製の時限爆弾が爆発し死者1名重軽傷者29名となった「横須賀線爆破事件」、事件の犯人である当時24歳であった青年死刑囚の刑執行までの内的心情を表した獄中記。彼が本当に事件を悔いているのかと言えばこの記から受け取ることはできなかった。どこか事件は他人事でひたすら短歌制作に励む日々に、昨年公開の「教誨師」で古舘氏演じる死刑囚と同じやるせなさを感じる。 もっとも死刑囚は刑を執行されることで罪を償うことになるのだから そのような心情になるのもやむ得ないのか。死刑制度の抱えるジレンマ。

科学と宗教と死

科学と宗教と死 加賀乙彦

東京拘置所の医務技官として死刑因や無期因を診察し、パリで精神医学と犯罪学を研究、北フランスの精神病院の医師を務めた加賀乙彦さん。洗礼を受ける前、加賀さんが神父さまに投げかけた数々の質問とそれに対する回答、あまり詳しく書かれてないけど気になる。

きのこ文学名作選

きのこ文学名作選 飯沢耕太郎

きのこアンソロジー なんとも言えない不思議な後味が残ります。 ブックデザインがとても凝っていて 特に、本を逆さまにして読む誘導があるのですが「本人としてはごく自然な流れだけど、周りから見たらちょっとおかしい」みたいなものが内容そのものでこれにははっとしました。

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8