北村太郎の本

港の人 付単行本未収録詩

港の人 付単行本未収録詩 北村太郎

開いて4行目、 「それらは」 詩を読んでも中々自分の中に入り込んでこないものだったが、ここは別格だった。とても個人的なことですが。