千野帽子の本

たたみかた 第2号 男らしさ女らしさ特集

たたみかた 第2号 男らしさ女らしさ特集 三根かよこ

三十代のための新しい社会文芸誌とあるが、年代問わず惹かれる本じゃないかなぁ。 生きていく上でこの上なくやっかいな「怒り」という感情にどう向き合えばいいか、いくつかの指針があった。 そのどれもが、ある意味、そうだよなぁとしみじみ思いながらも、いやいやそんなことは知ってましたよと虚勢を張りたくなるもの。 それにしても、怒りとは快楽であるとは、達観だ。快楽の海で溺れないようにしよう。

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1419463565a f6ea 40bc 93dd 4b4775f32cc7
人はなぜ物語を求めるのか

人はなぜ物語を求めるのか 千野帽子

人と物語の関わりは、私にとっては命題のようなもので、それは「物語を読む」というだけではなくて「物語形式に思考し、理解し、あるいは記憶する」ということも含む。 本書では後者について考察されている。 要約すれば、物語形式での理解、つまり因果関係(〇〇なので〇〇である)を下地にした理解は、一種の筋、枠にはまってしまうことの不自由さに繋がるのだという内容だが、一つ一つを丁寧に解き明かして行く書きぶりにドキドキした。 感情のままに行動することの不自由さ(選択肢がない、選べないという意味で)、についての記述は、今まで考えたこともなかったので、大変面白かった。

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe02293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589dIcon user placeholder74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab42e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4C25e4b67 738c 4143 a02f 43951068dbcf 10