千野栄一の本

外国語上達法

外国語上達法 千野栄一

うちの教授の指定図書。 指定図書は全部読む勢いで読めと言われたので早速一冊呼んでみた。 シンプルに、読みやすいし面白い。 千野先生の語り口が軽妙で、ご本人のエピソードも織り交ぜられているので、まるで目の前でお話されてるかのような錯覚に陥った。 本当に頭のいい人は難しいことも本当に軽々と書いてしまう。 30年近く前の書籍ではあるが、現代でも十分通用する指南書だな、と感じた。 語学習得に苦手意識を抱いている人にこそ、ぜひ読んでもらいたい。

Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157183907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adbaIcon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder 22
アンソロジー ビール

アンソロジー ビール 東海林さだお

山口瞳さんや田中小実昌さん、久住昌之さん等々の名エッセイがずらりと並ぶ。どこを開いてどこから読んでも頁に吸い込まれる。白眉というか、斜め上というのか、赤塚不二夫さんのバカボンのは絶対に読んでほしい。「ちくしょうどうしておれはこんなにお酒がすきなんだろう」

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b3c15e891 e45f 4fb3 be3c 6b80061826dbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508