吉村昭の本

履歴書代わりに

履歴書代わりに 吉村昭

敬愛する吉村昭。 彼のエッセイを読めすぎて、もはや既視感しかないけど、それでもやっぱり好き。 終盤に載っていた青春〜の話は、淡々としていてそれでいて氏の死生観が表れているところが素晴らしかった。

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
東京の戦争

東京の戦争 吉村昭

大空襲の夜が明けはじめ、まだ炎の上がる街の崖下に、山手線の列車がいつも通り動き出す。失った我が町の生き残りに会えたような嬉しさ、日本の社会の律儀さへの感嘆とともに、他ならぬその社会が帰結した戦争への省察。時代も地域も全然違うけど、自分にとっての我が町東京を一番良く描いたエッセイはともし聞かれたら、私はこの本を挙げる。

戦艦武蔵ノート

戦艦武蔵ノート 吉村昭

大衆のすさまじいエネルギーとそれによってもたらされる戦争の虚しさひいては人間の虚しさを描いた傑作「戦艦武蔵」その愚直なまでの制作過程と調査の日々、著者の脳内皮質奥深くまで覗いたような気になる。 「いろいろ調べてみたんだが、この日本で実際に和平運動を行っていたのは、わずかな人数だったらしい。むろんそれだけではなかっただろうけど。俺が運動に加わっていたとき、憲兵や警官と同じくらい恐れていたのは、実は隣近所にいる平凡な市民だった。それなのに戦争が終わったとたん、数十万人もの人間が出てきて今さらのように戦争反対永久平和をとなえて気勢をあげるなんて、そんな馬鹿げたことがあるか。人間なんて信用できないものだと、おれはつくづく思ったのさ」P.9~10

ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
味を訪ねて

味を訪ねて 吉村昭

食についてのエッセイをまとめたもの。 吉村昭を読みすぎて、既読のエッセイもちらほら。 長崎、札幌、宇和島の店が多い中、故郷の徳島の蕎麦が褒められていたことに驚いた。あまり蕎麦は食べない風土なはず… お酒や外食だけでなく、今でいうお取り寄せについても書かれているけれど、高価過ぎるものは好きじゃないところも好感度高い。 吉村昭の考え方そのものが、やっぱり好きだ。

冬の鷹

冬の鷹 吉村昭

『解体新書』の舞台裏を、吉村昭がいつものごとく、緻密な取材のもと描いた作品。 『解体新書』=杉田玄白と前野良沢ら、と学生時代に習った記憶。 杉田玄白メインなイメージ。 それを根底から覆してくれた作品。 杉田玄白の明るさや要領の良さと、前野良沢の生真面目さや頑固っぷりが、一貫して描かれていたから、年を重ねるごとのその対比が読みやすかった。 平賀源内などの当時の彼らを取り巻く人々についても、仔細に描かれているのはさすが。

破獄

破獄 吉村昭

脱獄を4回繰り返した無期囚佐久間清太郎。彼はなぜ脱獄を繰り返すのか、その動機と手段とは?戦中から戦後にかけてめまぐるしく移り変わる激動の時代背景と共に稀代の脱獄囚を吉村昭が描く。反抗する対象や事態があればこその脱獄だとしたら応報刑ではない戦後の行刑政策の転換は事に佐久間清太郎にとっては効果的であっただろうといえる。もちろん作中に触れられているように壮年期を過ぎた年齢的な衰えも大きいだろうが。 佐久間の物悲しくも静かな終焉は高度経済成長を過ぎオイルショックを経て安定した時代と共に歩むようだった。 この作品は一人の特異な脱獄囚を通して昭和の時代を書いたともいえるのではないだろうか 「内部には異様な空気がひろがり、支所長をはじめ幹部の者たちの目は血ばしり、顔は青ざめていた」p21いつもの吉村昭節も健在。

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be95efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d979db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e 12
プリズンの満月

プリズンの満月 吉村昭

実在した森田石蔵という元刑務官の話や、彼が作ったという年表をもとにして書かれた小説。完全にフィクション。 ドラマのような感動や、物語の起伏はない。むしろ時間軸場所軸が前触れなく変わるから、吉村昭に慣れない人には読みづらい印象。 それでもやはり、あとがきにも書かれていたけど「共苦」の感情を作品の基底においてあるところが、日本人たる自分の心を揺さぶる。 戦争責任なんて、個人はおろか、国単位で考えてももしかしたら存在しないんじゃないかと思った。

味を追う旅

味を追う旅 吉村昭

吉村昭が全国を旅してまわった食べ歩き紀行文。その地でしか食べられない逸品からお店選びの極意まで、控えめでありながら筋の通った氏の作風との共通することも多い。その中の一篇「長崎半島でフグとカマボコ」半島ならではの異国感とカマボコの製造過程が楽しい。 「それは、一般の人の口に入る機会はなく、カステラの製造所内に入ることを許された者しか食べられぬ由であった」p24 「これは、カステラの耳とはちがいますが、実際はこれが一番うまいのです」p27 吉村昭文体は健在。

長英逃亡〈下〉

長英逃亡〈下〉 吉村昭

江戸時代末期の蘭学者(江戸時代は鎖国制度があったため外国のモノとしては長崎の出島でオランダと中国以外の交易は無かった為に洋学としてはオランダ語しかなく、その勉強をした者を『蘭学者』と呼びます。普通の方は知ってる、学校で習った事実みたいですが私は理系だったし、歴史に30歳ぐらいまで全く知識と興味が無かったモノで。)高野 長英の話しです。 歴史小説は基本的にその場を見た人はいません、事実であろう資料をもとに作者が想い描いたあくまでも小説です。 それにもかかわらず、この吉村さんの描く高野 長英は魅力的人物です。若くして故郷を離れて、親族に不義理を重ねて、またその事を軽く流してみたり、勉学に才能があり、またその事を鼻にかけたり、とワガママで身勝手な側面を持ちながらも、知識を身につけた為に自国の置かれている状況を憂いて、例え牢屋の中にいる身分であってかまわないから洋書を和解(和訳する事を昔は和解《ワゲ》と言うそうです、これも私は最近知った)させてくれと頼んでみたり。矛盾に満ちているようで人間味を感じさせる人物です。その長英の牢屋への入牢から脱獄を経て死までの逃走を追う小説です。 長英の人物としての魅力があり、またその時代における不条理にめげない信念を持った姿が良かったです。そしてそれにもまして、その逃亡する長英を助ける数多くの私意の人達が魅力あふれています。長英を助ける事はすなわち自分の身を危険にさらす事で、その危険は非常に大きく、また、取り返しの付かない事なのに、助ける人達。その人達の葛藤と想いが良かった。 しかし、私がもし全くの知識も興味も歴史に対して持っていなかった頃なら、きっと難しくて読めなかったと思います。 私が歴史に興味を持ったキッカケは三谷幸喜さんです。三谷さんのドラマ「古畑任三郎」が面白かったからいろいろ観る様になって、彼が歴史ギャグマンガ「風雲児たち」を強く勧めているのを何かで読んでから探して読みました、「風雲児たち」。 ハマリマシタ。これを読んでなかったら今までと同じく歴史に全く興味なかったと思います。おかげで今では歴史小説まで少し読む様になりました。 「風雲児たち」を読んでみて、気になった人物がこの高野長英と江川太郎左衛門英龍です。 「長英逃亡」読んで良かったです。「風雲児たち」が面白かった人達にはオススメです。 2006年 12月

事物はじまりの物語

事物はじまりの物語 吉村昭

友人に薦められて読んでみました。 石鹸、アイスクリーム、マッチ等、日本人が初めて使った、食べた、作った時の話を紹介した本。 なるほど、と思うと同時に、幕末〜明治の人々が西洋の文明を何とかして取り入れようとした努力が伝わりました。

事物はじまりの物語

事物はじまりの物語 吉村昭

13のものの事始めをまとめた本。 ひとつひとつが短いので、30分程で読み終わった。 国旗のはじまりが勉強になりました。

ニコライ遭難

ニコライ遭難 吉村昭

司馬遼太郎の作品は印象的な書き出しが多いと思いますが、一番好きなのは「坂の上の雲」です。 「まことに小さな国が開化期を迎えようとしている」 明治維新後のちっぽけな日本が近代的国家として歩み始めた時代を、この短い文章は簡潔に表現しています。 吉村昭さんが描く「ニコライ遭難」は、この時代、明治24年に起きた大津事件に戦慄する日本人の姿です。大津事件は車夫がロシアの皇太子ニコライに軽傷を負わせた事件。圧倒的な軍事力をもって極東進出を目論むロシアに対して日本は「七五三のお祝いに軍服を着た幼児」。事件をきっかけに天皇を始め日本中が震撼します。当時の刑法では犯人津田三蔵は懲役刑。しかし、武力報復を恐れる政府有力者は処刑を主張。対して、司法関係者は公正に津田を裁こうと政府に挑みます。この小説の最大の読みどころは、近代的法治国家の将来を見つめた司法対政府の手に汗握るギリギリの戦いです。この事件により、日本の三権分立の意識は高まったといいます。 それと、この小説の魅力は前半のニコライへの歓待の風景。長崎、京都、大津と日本の威信を賭けて歓待する官民の姿が詳細に活き活きと描かれます。特に、ロシア帝国最後の皇帝となるニコライが入墨を自らに彫らせたり、番傘に興味を示したりと人間らしい愛嬌を持っていたことは意外でした。 他にも、津田の死の真相、ニコライを助けたことにより多額の賞金を得た2人の車夫の運命、西郷隆盛生存説など読みどころはたくさんありますが、この小説の最大の魅力は、大津事件の歴史的重大性と開化期の日本人の特性が理解できることです。 久しぶりの★★★★★。是非、是非、お読みください。

C4cc33aa 7a43 4b98 9e80 179a4ac4d640805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681Icon user placeholder64e01651 bfe1 4f81 981a b96901ad75383d7c95c8 dd50 47d8 b092 c9203c6c67939c36bd77 15ae 409c 93a2 4911bbaf1f72Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba9057 9
関東大震災

関東大震災 吉村昭

仕事でつい忘れてしまいますが、本日は防災の日。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに教訓も活かしていかねばと思います。天災も怖いけどヒトも怖い。

高熱隧道

高熱隧道 吉村昭

中島みゆきの「地上の星」を聴いていたら、この本を読んでゾワゾワしたことを思い出した。 もう一度読み返したくなった。

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd653744f8 bf13 4729 a04d e16f2abc5460Eaf4a5f0 bc3b 4b28 b90f a039ca5c7ba8Icon user placeholderAfd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf