吉田健一の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453A19d8d4b d0bd 4c1a b273 5892799f2c2e 25
文学の楽しみ

文学の楽しみ 吉田健一

嫌なことがあって酒を飲んで忘れる代わりに、自分にとっては本を読むということがあるのだなあと思った

酒肴酒

酒肴酒 吉田健一

図書館で借りてきた時の写真を見て「これは名著、文体が酔ってる」との書き込みを頂いたが、正しくその通りの感想(笑) 吉田茂の息子ということで、まぁ貴族的というか生い立ちからして自分なんかとは違う作家が酒と食べ物についてダラダラ語るという本。 ダラダラとしか表現できず、最初は酷い文章だな、と思ったがじょじょにハマってしまう。 再読必至なので買ってきます(笑)

東京の昔

東京の昔 吉田健一

「本郷信楽町」という架空の町に住む主人公と、ご近所さん、学友たち。中島京子の『小さなお家』が女性の見た戦前東京郊外だとすれば、ここには、まだ何かを探している、大人になりきれない男の戦前の東京旧市街がある。

アンソロジー ビール

アンソロジー ビール 東海林さだお

山口瞳さんや田中小実昌さん、久住昌之さん等々の名エッセイがずらりと並ぶ。どこを開いてどこから読んでも頁に吸い込まれる。白眉というか、斜め上というのか、赤塚不二夫さんのバカボンのは絶対に読んでほしい。「ちくしょうどうしておれはこんなにお酒がすきなんだろう」

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b3c15e891 e45f 4fb3 be3c 6b80061826dbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508