吉田秋生の本

BANANA FISH 全19巻完結 吉田 秋生 吉田 秋...

BANANA FISH 全19巻完結 吉田 秋生 吉田 秋... 吉田秋生

高校生の時に読み、それ以後何回も何回も読んでいる。 アフターストーリーの「アッシュ・リンクスの奇跡のような生に立ち会えたことを感謝する」という台詞は、一読者である私も本当にその通り思います。…また読もう。

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 吉田秋生

ずっと読みたくて読みました。 登場人物の気持ちや、風景の描写が細かくて素敵です! 人の良さも悪さも優しく強く書かれていて温かい1冊です。

3e8d2224 6559 427b bed9 1c742e9982de8f00e178 b768 4675 80f3 55af56ffaab710acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c1633Cba3d74a 00cc 4ab6 9c0d 95e707e65e12Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd169e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 13
イヴの眠り コミック 全5巻完結

イヴの眠り コミック 全5巻完結 吉田秋生

マブイを持たない新人類ひとりを取り巻く物語だけで、自身の人間性を問う機会を与えられる。前半でそれとなく描かれる政治的メッセージに相まって、僕たちの「猿山」の戦いがどれだけチープなのか、しかしその弱さがどれだけ人間らしさとつながりが深いかを教えてくれる。5巻完結の割に登場人物が多いわけは、YASHAを読んで初めて分かるのだろう。

カリフォルニア物語(8)

カリフォルニア物語(8) 吉田秋生

吉田秋生さんにハマった一冊です。 この本で、「ビッグアップル」がニューヨークの俗称だと教えられました。「カリフォルニア」と題されながら、そのほとんどが、ニューヨークの下町に住む普通の人々と主人公の人間模様が描かれた物語でした。いろんなことを教えてもらった本です。 とにかく、この後、吉田秋生さんをフォローし続けています。

海街diary 4 帰れない ふたり

海街diary 4 帰れない ふたり 吉田秋生

鎌倉の山の上に暮らす三姉妹のところに、ある縁で中学生のすずがやってきて、4人の暮らしがはじまる、という話。舞台の鎌倉とぴったりはまった物語がいいんです。

Icon user placeholder9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453