和月伸宏の本

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 和月伸宏

20年ぶりの続編。作者にいろいろあったので、ホントに出るかどうか不安でしたが、ともかく刊行されたようで一安心。 この作品の「その後」を描いた作品としてはOVA版の「星霜編」があるのだけれと、星霜というよりは「凄愴編」といった感じで、人斬り時代の剣心の罪と罰を残酷なまでに突き詰めた、ファンとしては受け入れがたい内容だっただけに、この世界線が改めて否定されたようで嬉しい。 (あ、ちなみに同じOVAでも「追憶編」は超名作なので未見の人は絶対見るべき!) で、本作の話に戻るけど、30代も半ばとなり(外見ほとんど変わらんが)、剣士としての衰えを自覚し始めた剣心が、かつての因縁に立ち向かうというお話。懐かしキャラの登場、お馴染みの必殺技、外連味のある敵と、かつてこのシリーズを読んできた人間としては、あの時代の「るろうに剣心」が帰ってきた感があって楽しい。 弥彦の扱いがちょっと気になる(ネタバレ回避)けど、この辺は新キャラにその役割を託したってことなのかしらん。登場がここまでだったら寂しいね。 ともあれ、せっかく新シリーズが始まったので、久しぶりのこの世界観を堪能したいところ。続きが楽しみ。