喜多喜久の本

ビギナーズ・ドラッグ

ビギナーズ・ドラッグ 喜多喜久

突っ走り型主人公でない事が「新薬を創る」熱意や思いをジンと伝えてくれました。 噛み合わないチームの面々、慣れない仕事、妨害。一つ一つ丁寧に一歩づつ前に進む姿に声援を!

Icon user placeholder2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48
ラブ・ケミストリー

ラブ・ケミストリー 喜多喜久

ちょっとアタマが追いつかない時もありますよ。 あまりにも本格的に化学なので。 でも、だからこそのゆる〜い恋愛模様。思いっきりファンタジーです。 化学がニガテでも大丈夫‼︎“そーゆーもん”くらいに思って読んでみたらいいと思います。 まさに森見作品の東京版ですね。

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d963331ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a331e73113 468e 4f47 93d2 10b48b46136c1b274b27 8d3e 4894 8dee f094d1dfb7239fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db6834338b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca 8
「はじめまして」を3000回

「はじめまして」を3000回 喜多喜久

頭はいいが友達の少ない北原恭介は 人気のある牧野佑那から突然「告白」され 勉強とプログラミングばかりの日常が一変した きっかけは くだんという妖怪で その事を話す佑那に対して半信半疑ながらも 付き合うことにした恭介 彼女の秘密を知ったときの恭介が取った行動は正しかったと思う プロローグみたいな未来があったらいいな なんか「君の膵臓をたべたい」を思い出しました

Icon user placeholderAf7a64cc ea13 4b02 a64d 5fbfcb91e621