坂木司の本

鶏小説集

鶏小説集 坂木司

豚に続いて2作目は鶏 息子の話、父親の話、毎回出てくるコンビニの話、1話目に出てくる妹の話、漫画家の話 5話からなる短編集で ちょっと鶏料理が出てきます いつか牛の小説集も出るのでしょうか?

50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1A0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad427714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08743bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233deIcon user placeholder
ホテルジューシー

ホテルジューシー 坂木司

-うまくやるために目をつぶるくらいなら、 下手くそでもずっと目を開けて すべてを見ていたいと思うから。(本文より) 怒りとか悲しみとか妬みとか よくないイメージの感情を持たずに どうやったら生きていけるかなと 思うことがよくある。 でもきっと、 感情がわかないように先回りしたり、 なかったことにするより、 感情をほどよく逃しつつも、 それにふりまわさるてみるのも 人間らしくてよいのだろうな。 全部わかったふりして生きるより えー?!そうなんだ!って 笑ってるほうが楽しいかもしれない。

Icon user placeholderB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2c
ホリデー・イン

ホリデー・イン 坂木司

このシリーズが好き!進がどんどん成長していくのも見てみたい気もするし、、、さらに続編でないかなぁ

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Fd985229 a95b 4678 9fae a194fe419429Icon user placeholderA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c 16
女子的生活

女子的生活 坂木司

世の常識とか、良識とか、当たり前と闘う主人公「女子的男子みき」。 彼女がさまざまな事件に遭遇し、敵?をなぎ倒して闘う姿は清々しくて痛快。 だけど、ふと思う。 いや、そこまでして口汚く罵って闘わなくても。 みきが普通に心穏やかに過ごせる世の中になればいいのに。

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d552337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc3427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
みんなの少年探偵団2

みんなの少年探偵団2 有栖川有栖

いろんな作家のアンソロジー 江戸川乱歩没後50年記念作品 怪人二十面相VS明智小五郎なのですが 大崎梢さんだけが 小林少年の孫と明智小五郎のひ孫の話を書いてて 新鮮でした

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad043734ade 44d9 485d bbcd 119d1d098f7a
肉小説集

肉小説集 坂木司

知らない作家だったけどタイトルだけで手に取ってみた。勝手なイメージで料理を主眼に置いた作品集なのかと思っていたのだけど料理はあくまで脇役。なんとなく肉料理も出てくるドラマというかそういう感じ。ラジオでドラマじたてのCMがあったりするけどそういう印象を受けた。達者な作家とは思うけどどちらかというとシナリオライター的な。面白くはあったので待合室とかにあるといいかもしれないと思いました。

和菓子のアン

和菓子のアン 坂木司

季節感があってお菓子の描写がとっても美味しそう。 和菓子とミステリーを絡ませるなんてなかなかない発想だと思いました。

Icon user placeholderA39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e1780907946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbIcon user placeholder36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feaeD917b15f bc51 48b2 b131 8442fa9d6a70Xsibklpt normal 13
僕と先生

僕と先生 坂木司

怖がりな大学生「僕」こと二葉と、アイドルばりのルックスをもつ中学生探偵「隼人くん」が、日常の謎を解決していく『先生と僕』の続編。 今回は、社会の不条理や多面性みたいなものを知って、二葉が戸惑うようすが多く描かれていたように思います。 二葉がもっている若者独特の潔癖さと、でも世の中それだけじゃないっていう気づきは、自分にも身に覚えがあるので、なつかしいなーって思いながら読みました。二葉と同じ大学生くらいの子たちにオススメしたいかも。 隼人くんが大人たちから情報を引き出したり、思い通りに動かすために、かわいくふるまっている時は、ついコナンくんの声で読んでしまいます笑 そして、本に挟んである「15周年おめでとう」小冊子に並んだ、各出版社の担当編集者からのメッセージ!刊行予定も出版社関係なく並んでいて、みんなで坂木作品を推していこうってきもちが感じられて、坂木先生というのは編集さんに愛されている作家さんなんだなあ、と思いました。

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08742f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d453e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 8
ワーキング・ホリデー

ワーキング・ホリデー 坂木司

好きな本です。 初めて、何回も読みたいと思いました。 親と子、また、子と親の繋がりは心をあたたかくしてくれます。 ストレートな感情と誰も傷つけないストーリーに完敗です。 ★★★★★

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
夜の光

夜の光 坂木司

飛びたい。私は夜空を見上げるたびに強く願う。理由はわからない。いや、わかりたくないのかもしれない。ただ言葉にしてしまった途端、それは陳腐でありきたりな何かに変わってしまいそうな気がする。だから私は沈黙する。いつか、それを本当に理解してもらいたい相手に出会うときまで。 この気持ちを、言葉で汚してしまわないように。 なんか、よく分かんないんだけど、共感した。

アンと青春

アンと青春 坂木司

和菓子はいろんなものを表現しているというのは 知っていたけど そこに意味合いがあって 奥深いものだというのは初めて知りました 幸せになることに使われる和菓子ならいいんだけど お姑さんが お嫁さんに 厭味や催促を伝えるために買うのは せっかくの美味しい和菓子がもったいないです

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fA39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e17809075106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e63Icon user placeholder885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be472946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659 18
大きな音が聞こえるか

大きな音が聞こえるか 坂木司

読後の満足感が身体中に充満する。ページ数が多いからというわけではなさそう。分厚いからと避けるのは非常に勿体無い。 坂木司だけど日常ミステリィではなく、てんこ盛りの青春小説。読む人によっては、起爆剤になるであろうお話。 持てる者と持たざる者は絶対的なものではなく相対的ではないかと考えたり。 『ピラニア女子』しばらく忘れられず、思い出してニヤリとしてしまいそうなワード。 2015/09/23 読了。

Xsibklpt normal007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc37589428b 566f 4824 9d01 6dcc5d8f0016569e3f6c 3495 43d7 877b e2cedec23da4
ウィンター・ホリデー

ウィンター・ホリデー 坂木司

ずっと読んでたいシリーズ。もし世界のみんながこんなに優しかったら、痛みをわかっていたら、もうちょっとうまく生きられた人が何人いることだろう、、

C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bIcon user placeholder3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378Xsibklpt normal007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc390f6b286 7836 493e b0d5 4bd9739068d2 9
和菓子のアンソロジー

和菓子のアンソロジー 坂木司

和菓子のアンも読みました。これは、他の作家さんにとっての『和菓子のお題?』です。思ったより楽しめました。近藤史恵氏は気になって他の著作を図書館で借りて読みました

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be4729d1a2f70 1cd1 424c 9a07 1da8e7b7d63490f6b286 7836 493e b0d5 4bd9739068d29281ed9b b26a 4aa1 ac5e 74e9ae7d5ef0 8
切れない糸

切れない糸 坂木司

再読です。 アニメ化とかドラマ化したら、そこはかとなく漂うBL臭で、二次元界隈のひとたちに人気がでるんじゃないかと、ひそかに思っている坂木司作品のひとつ。 作品全体から感じられる暖かな雰囲気や、ひとの死なないミステリーであること、主人公の成長を描いているところ、安楽椅子探偵であることなど、北村薫さんの小説との共通点が多いかも。 北村薫さんのミステリの雰囲気が好きな方なら、絶対に楽しめると思いますよ。

Icon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29E252de4a 9bc2 4bc2 8d9f 34318e45a114885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be472Icon user placeholder9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b66007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc3 14