堀江貴文の本

(146)自分のことだけ考える。

(146)自分のことだけ考える。 堀江貴文

この本のタイトルを見て、「別に炎上したくないしいいや。」と思う人間は多いだろう。 それは、昨今の「炎上」には悪い意味合いで使われるというバイアスがかかっているからだ。 堀江氏のいう炎上とは、「いい炎上」のことである。 では、「いい炎上」とは何か?堀江氏曰く、「議論を巻き起こす炎上」のことだそうだ。 ちかく、堀江氏はツイッターにて「(保育士の給料が安いのは)誰でもできる仕事だからです。」と答えたことが話題(炎上)となった。 しかしそれには批判の声だけでなく、納得の声も多く上がっているのだ。そこで二分化した勢力が議論を交わす様は活気にあふれ、より良い案はないか?と模索している姿に熱いものが込み上がってくる。 堀江氏は進んでこう言った、議論を起こす炎上をしろ、と言う。 その他、炎上中のマインド面についてのアドバイスのみならず、人生における歩み方であったり、1つの自己啓発書となっている。 これからイノベーションを起こす世代に最も必要な著書の1つであると確信している。是非、読むべきだ。

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde2413092986bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24Icon user placeholder312a7d64 d19b 434c 8766 27df29f004dbF754a4d5 4e23 419e b28c dc098972752cC00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 23
多動力

多動力 堀江貴文

ホリエモンのことは、刑務所に行った人、というイメージが正直強いです。 ただ、周りの人の多くが、凄い人だと言い、本を勧められることが多いので、完全なる興味で読みました。 強烈なところがあって、受け入れがたいところはあります。 例えば 「メールで済むことは電話するな」 「時間を奪われたくないから、話しかけられたら冷たく対応する」 人との関係性を大切にしたい私にとっては、嫌いな考え方。 でも、違う考えがあることも含めて、学びはとても大きくて、ホリエモンの生き方はかっこよかったです。 一つにとことんハマって、すぐ飽きる。 人にどう見られるかなんて、気にせず思いっきりバカをして恥をかく。 誰もが考えるような当たり前で動く 中途半端なことなんて、いらないです。 まだ振り切れてないけど、リミッターを外して、好きなように生きたい。 ホリエモンのバカみたいで、 人から何か言われるのを全く気にしない、 やりたいことやってる生き方感じて、 強くそう思ったです。

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde2413092989230d490 35ec 45a1 a60e 9e6ccfe6800fC185992f fb11 4a6d 9c64 affafac900d5Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 124
我が闘争

我が闘争 堀江貴文

ホリエモンがどんな人なのかをとても理解できる本。この本を読んだ後だと、今のホリエモンの言動や行動を見る目が全然変わる。

Icon user placeholderIcon user placeholder
ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~ 堀江貴文

「学校で古文や漢文を教えるくらいならプログラミングをやればいい」 →ホリエモンはいつも極端な事を言いますね。そこが面白いのかな。。。 日本の小学校でもプログラミングの必修化が検討されてるようですので、情報セキュリティも合わせて学んで欲しいです。 子供達の情報リテラシーの低さが昨今のIT技術の向上に追いついていけてないと感じます。

92651c08 d6ac 46c6 8c50 931516be2529D046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61E04e893f 60f8 43aa 8b9e 51713e6d3fe0C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4671f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45226fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec2804942435 6bef 4cae a8c5 787bc63e6763 11
99%の会社はいらない

99%の会社はいらない 堀江貴文

社会人1年目の自分にとって、視野が広がるなという本でした。今の時代、昔の普通は既に通用しなくて、サラリーマンとして生きることも数ある選択肢の一つでしかなく、その選択肢を広げるのは自らの行動の積み重ねのみ。 良い勉強になりました。 世間の大多数の人たちは、自分のやったことのないことに対して良し悪しの判断つけがち。 すべては自分で判断しようという教訓をもらえる本だと思いました。

3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125C9e70eb9 5b05 42ca aef2 4e70df0323f02217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f89126c36 52bc 4597 b8f1 3c6735e7caf9Icon user placeholderIcon user placeholder 21
君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける 堀江貴文

堀江さんらしく日本の現状を書いているし、日本の変な伝統、考えに対しての考え方も面白い 最終章の好きな事をすればいい。の文はめっちゃ気が楽になった。

D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785bD49ac0e2 55b4 42bc 8ec5 058afeff75e560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d00bf7676 edb6 47d1 87ab 8911b35b968dAb96b542 ac92 4256 8d15 7426fbf6aa7a34bc9a6c a785 44a4 9da7 a6511e30baef89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 8
10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑 堀江貴文

大手だとか、所属集団がどうだとか、資格だとか、そういったことにこだわり過ぎず、自分の探究心を突き詰めていくのが大切なんだと感じた。この考え方だと、自分の不安よりむしろ周囲から心配を受けそうな気はするが、誰にも未来は分からないので、良いと思ったこと、信じたことを行動に移すしかないのだろう。

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde2413092989230d490 35ec 45a1 a60e 9e6ccfe6800f23c6e1f7 d883 4a06 be5d 362a57d6c938Bc14d242 2fa6 4271 ad83 0d5a8965a29e312a7d64 d19b 434c 8766 27df29f004dbF754a4d5 4e23 419e b28c dc098972752c922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d 107
多動力

多動力 堀江貴文

多動力は大量の仕事をこなすための技術ではない 命が果てるまで1秒残らず人生を楽しみきるための生き方である

8d11704f 20f5 451e 9fed 5234b3ff42b7F754a4d5 4e23 419e b28c dc098972752cE9160ac7 df98 49c2 9c7e 72b2d2dce92eC4b24851 7e61 4215 9a15 be0483d4d4e4876a2702 74a2 4e61 b608 4a73d7727b1bBc5f728c 3123 480b a670 ba99fe2a8137Icon user placeholder 14
好きなことだけで生きていく。

好きなことだけで生きていく。 堀江貴文

この本はあまりオススメしない。 理由は2つある。 1つ目は、堀江氏が開いているオンラインサロンの説明と勧誘が半分くらいの内容を占めているからだ。 2つ目は、これは堀江氏の本を読んできた人間に向けた理由なのだが、言っていることが他の著書と変わらない。 堀江氏が言いたいことは全て他の著書で書き表されているので、多少の内容の重複は仕方ないのかもしれないが、勧誘についてはどうかと思う。 堀江氏の熱烈なファンであれば、買って損はしないだろう。

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde241309298Icon user placeholder2ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f266c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6 19
ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない! 堀江貴文

「真面目で、向上心は高い。だけど心のどこかでは他人に褒められたくて、プロセスを努力している自分に酔っている。周りが見えなくなっているから、まずい事態になっても気づかない。チャレンジの意味を勘違いしているのだ。」 →この一文がかなりドキッとしました。戒めのためにもメモ_φ(・_・

27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f57c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84cE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cD046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61