大前研一の本

大前研一 ポスト・コロナ時代の稼ぎ方

大前研一 ポスト・コロナ時代の稼ぎ方 大前研一

ポストコロナとはタイトルのみで、コロナだからという内容は無く、著者が考える今の時代のベストの経営について書かれている。著者本人による文章がさらっと書かれた後に、参考になる経営者による寄稿や、成功事例が記載される。 本書では稼ぎ方とはコスト削減ではなく、顧客が欲しい物を探して付加価値をつけることで適正な売価を付けること、M&Aを成功させること、成功させる為に会社の中でいかに意識改革をするか、等。特に感銘深い内容になっているのは自閉症の息子と、自閉症の息子の育児等から鬱症状を抱える妻を持ちながら管理職、経営者として活躍した元東レ研究所の佐々木常夫氏の文章。真の働き方改革、タイムマネジメントについて本人の経験を踏まえた文章が書かれ、非常に説得力がある。 読みやすい本である為、最近の経営者の考え方や世の中の動向を知る為に読む良書。

Icon user placeholder6321053d 88d4 442e 8111 a8f2a4222552
企業参謀 2014年新装版 Kenichi Ohmae business strategist series (大前研一books>Kenichi Ohmae business strategist series)

企業参謀 2014年新装版 Kenichi Ohmae business strategist series (大前研一books>Kenichi Ohmae business strategist series) 大前研一

読むたびに何かワクワクしてくる。 40周年での加筆部分が「日本の経済活動の変化」を感じさせる。 物事の「本質」に対するアプローチ、限られたリソースで目標をめざすマインドなど。 自分の軸を決めることの大切さを学ばしてもらっている。

大前研一 日本の論点2017-18

大前研一 日本の論点2017-18 大前研一

論点毎の末尾に、要旨が書かれていて、理解しやすい。 日本のこれからを生きる上で、セカンドキャリアを描く大切さ等が書かれていた、論点①と、年金と保険と貯金という重複した未来リスクへの予防線に警鐘を鳴らす論点⑩から、 好きなことにお金を使う勇気を持ちたいな、と思った。笑

Icon user placeholder8ef78f3f 89bc 446e a263 0170ce418342
「0から1」の発想術

「0から1」の発想術 大前研一

200409 ◆読んだ目的 どうしたら、0から1の発想ができるか ◆ひと言でまとめると 各事象を足し算ではなく、高い次元で新しい絵が描けないか質問してみる ◆どういう事か?  ①各論を見た時に「それら全てが意味するものとは?」と質問し抽象化させ、高い次元で捉えてみる  ②各事象をそのままみるのではなく、「何が見えるか?」と質問し、人の思いつかないような絵=構想を描く ③異業種に学び、勝つまで試してみる

5c1a005e fed2 49ba 9c5e a0686e3da3f3E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe00987e4a3 2213 4ada 93bc 25fe6586d15e58487e20 209f 4522 bfd6 8ec9e2bc5507
プロフェッショナル シンキング

プロフェッショナル シンキング 宇田左近

答えのない問題を前にどのように思考するか。紹介された思考のフレームワークをどれだけ自分の中に落とし込むか。結局この本を読んだだけでは意味ない。問題解決で利用していかないと。基本的なことは、やっぱり、すべてを疑うこと

50代からの「稼ぐ力」:会社にも年金にも頼らず生きる方法

50代からの「稼ぐ力」:会社にも年金にも頼らず生きる方法 大前研一

老後に2000万云々が必要な話が先日出たように、もはやこれからの時代、年金に頼れないのは当たり前。ではあれば、どう備えるべきなのか? 筆者的には、40代から50代を老後の予行演習として、会社の資産、人脈を使いながら、将来やりたいこと、稼げそうな事の種を蒔いておきなさいと主張する。 無論現役並みに稼ぐのは無理だし、そこまでは実際必要ではない。目指す金額は月額15万だと筆者は言う。無論借金はダメ。あくまでも、手元の自己資金の範囲内で止めるのが大事。

9ec7b33e 47f1 459f ab9e a51413d55b38B871f415 4411 4787 adb7 b3772da67594Icon user placeholderB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff27f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f
考える技術

考える技術 大前研一

この本はほんとにオススメ。何かを生み出すのに必要なのは特別な才能じゃなく「考える技術」。 思考法の本が溢れてるけど、これ読んだら全部偽物に思えるよ。

2d1f0356 5dd5 4835 8219 936890c79c7b6b4c61df 7746 4c98 a00e 4c31e2a25fa173351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51fIcon user placeholder8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db