室生犀星の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453A19d8d4b d0bd 4c1a b273 5892799f2c2e 25
〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
蜜のあわれ

蜜のあわれ 室生犀星

映画化されると知って面白そうで読んでみました。室生犀星の作品初めて読んだけど、金魚とおじさんと幽霊という不思議な組合せが繰り出す素敵な世界感が好きです。 映画も見てみたいと思いました。

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106448817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe03d9ea32 f41a 4d92 a39a 4a90232192a3F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e81f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 10