宮内悠介の本

月と太陽の盤

月と太陽の盤 宮内悠介

宮内悠介さんのミステリー小説。ハラハラ・ドキドキするようストーリーではないけど、人物がしっかり描けてて、落ち着くミステリーだなーと思いました。

エクソダス症候群

エクソダス症候群 宮内悠介

宮内悠介の初の長編。火星を舞台にした精神病院のお話。宮内さんの作品は、自分の読書リズムと合っていて、スラスラ読めて心地良い。ストーリー自体は深くて重いのに、不思議です。これからも、追い続ける作家のひとりですね。

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860A14b0e0b ffd8 4371 b4ed d571feeaa2ee440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85863c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb
スペース金融道

スペース金融道 宮内悠介

宮内悠介がこーゆー作品を書くんだ!という驚き。コメディSFと書いてる通り、フフフと笑える。ただ、途中途中で出てくる理論はちょっと難しいね。

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a969038e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f528
アメリカ最後の実験

アメリカ最後の実験 宮内悠介

音楽とは、人間をハッキングする行為である。音を媒介として、人の感情や欲求を操作する。 高い技術を持ったピアニスト志望の主人公は「音楽はゲームに過ぎない」と言い切る。しかし音楽を通じて様々な出会いや経験を重ね、音楽の意味や力に気付く。 宮内悠介の作品は重厚さに欠けるが、軽さが魅力なのかもしれない。

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f528Akiaivjyeuyp25rambwa
偶然の聖地

偶然の聖地 宮内悠介

作者の才能やら好みやらかが、如何なく発揮されている。楽しく読めるけど、中身の理解はちょっと難しい。でも、それでも良いんだって思わせる作品。

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a7e5b5510 fe27 4ed2 971e ad926d497a0a84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
あとは野となれ大和撫子

あとは野となれ大和撫子 宮内悠介

アラル海にできた国で、色々な背景を持つ後宮の少女が活躍するお話。 話は都合よくテンポよく進んで行って、読みやすいです。歌の歌詞では、さほど感動できないかったのは、私の知識が足らないからでしょう。 最後の方はチョット都合よすぎかも。まあ、良しです。

De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1aD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986967b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd28E14827be 9cc9 4ac4 a7d0 6b0876dbf6e6705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac 17
宮辻薬東宮

宮辻薬東宮 宮部みゆき

豪華なメンバーの書き下ろしアンソロジーです。 落とし所が皆さんそれぞれなので、ドキドキしながら読みました。

D53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2014253d4 6080 4951 9119 24735184a69684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート 伊藤まさこ

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b20d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720b6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6D4139b3c 2ba4 4c30 901a 8a8f374739499c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd 18
彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ 宮内悠介

巻末の宮沢賢治の引用にゾクリとした。 短編ということもあって気楽に読んだ一冊だったが、本質を見極めきれなかった自分にがっかりして再読した。 科学と信仰の世界の間で生きる現代人は、科学的に証明できるか否かで、真偽の判断をしがちだが、今一度考え直す必要がありそうだ。 表題作も良かったが、脳の可塑性について書いた「ムイシュキンの脳髄」が特に気に入った。

36a5ccab 3b5e 4bb1 9f7d c0b75d7f1d10405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Akiaivjyeuyp25rambwa
エクソダス症候群

エクソダス症候群 宮内悠介

火星における精神医学の在り方という、他に類を見ない設定。ただし、それが災いして、首を傾げるような展開も。

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dF641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f528C6d6ae4b 4aad 4529 8a75 632177da3b49Ffc0ce2f 0f86 48f1 a782 dbaa4477b16f
盤上の夜

盤上の夜 宮内悠介

ボードゲームが好きな自分としてはなんとも面白い題材だった。そしてやっぱり宮内氏は短編がうまい。 そしてすごく哲学だ。