宮部みゆきの本

三鬼 三島屋変調百物語四之続

三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき

購入した後で単行本ですでに購入既読済みだったと気づいたのだけれど、好きなシリーズなので結局また文庫で読み直してみた。 何度読んでも新鮮に面白い。 経緯も結末も知っているのに読み始めると止まらなくて最後の最後まで引き込まれる。 辛い話や怖い話も多いのに、不思議なのは後味に嫌なところがない事だ。 今回は新しい登場人物も増えてまた続きが楽しみである。

E9ae9575 cb95 48bd 80a7 c7a5acf6cc8fIcon user placeholderD53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Icon user placeholder35c95318 fccf 41f6 be80 e5536884b31c
SF JACK

SF JACK 新井素子

8/10点 買い。 内容には触れず独断採点のみ書く、何様スタイル。

悲嘆の門(下)

悲嘆の門(下) 宮部みゆき

誰も自分からは逃れられない。なぜなら“言葉は蓄積する”から。この言葉こそが『英雄の書 』と『悲嘆の門 』を大別するキーワードになるように感じました。英雄とはなんなのか、そのルーツを描く今作ですが、主人公があまりにも現実的で、ほんの少しだけ正義感が強い青年が、"物語"に酔って英雄に成っていく様は、見ていておぞましくもありました。誰にでも、英雄に魅入られる瞬間が訪れうるのだと、その時に踏みとどまれる世の中であればいいと、切実に願います。 『英雄の書』の主人公・ユーリや、キーパーソンであったアッシュも重要な役所で登場していて、胸が熱くなりました!

C7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb171bbdbf6 0c03 43b6 8fa8 80ae8c754b8438136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1fF1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576D2c89409 68e7 4b60 8b90 098cd0a0ea22Icon user placeholderB991bbc6 1e36 4b72 bb18 28697f07368a 16
荒神

荒神 宮部みゆき

超能力や霊験といった題材を扱ってきた宮部みゆきさんの「怪獣モノ」。途中まで江戸時代版『シン・ゴジラ』のようだと思いながら読んでいたら、解説が樋口真嗣監督でした(笑) 宮部みゆきさんの少年少女に向ける眼差しは優しく温かい。

813d640e b13f 44d0 a414 3809c4d8ef54Icon user placeholder3974e1a2 494f 4b72 8eb9 ea5ca51d8c212d0f29f7 07d5 48b9 925f 3aff9c9cd22292cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c17a798b87 676e 41b4 a204 a3551aadbbadBa6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66 25
三鬼 三島屋変調百物語四之続

三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき

三島屋変調百物語。第四弾。 おちかさんの心が段々ほぐれていっているのが、嬉しい。語りと現実の文章の境目が、しっかり理解できるのに、スルッと読ませてくれる。流石です。新しい登場人物もスルッと溶け込んでます。次も楽しみ。

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951fF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef4Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b374e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f3a65e894 4fc2 4e6f b0af edd149794404 20
希望荘

希望荘 宮部みゆき

外さないのが宮部みゆき。杉村三郎シリーズが中編で楽しめるのがうれしい。三部作を経て、いよいよ私立探偵になった杉村三郎。三部作はプロローグに過ぎなかった。物語はこの本から始まる。そして恐らく、杉村三郎も徐々に探偵になるのだろう。作者も、杉村三郎が好きなんだろうなというのが分かる一冊。

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd6966c2fe14b 38bf 4ef6 a27a f10bbcb053f1D53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Icon user placeholderIcon user placeholder61b1bb23 2307 42d2 b663 40b7040a1035E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 13
過ぎ去りし王国の城

過ぎ去りし王国の城 宮部みゆき

最後の方の50ページくらいを読みながら「これ、あとちょっとで全部片付くの?下巻あったっけ?!」と思う密度で、一気に進んでいきました。 最後に描かれるほんの少しの変化は、あまり描かれなかったラストシーンの城田にもほんの少しの変化をもたらしたんだろうか。

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feD612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholderBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d368f2aca2 63c4 4455 8527 08e19c10bedeD46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894ef 32
悲嘆の門(上)

悲嘆の門(上) 宮部みゆき

英雄の書の主人公は、子供らしい動機で行動したけど、それが我儘であることを理解していた。この本の主人公は自分の動機が独りよがりであることを理解していないか理解しようとしなかった。この書き分けが凄い。

C7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb171bbdbf6 0c03 43b6 8fa8 80ae8c754b84F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576Icon user placeholder417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665fD2c89409 68e7 4b60 8b90 098cd0a0ea2231d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05 19
宮辻薬東宮

宮辻薬東宮 宮部みゆき

豪華なメンバーの書き下ろしアンソロジーです。 落とし所が皆さんそれぞれなので、ドキドキしながら読みました。

D53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2014253d4 6080 4951 9119 24735184a69684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
小暮写眞館I

小暮写眞館I 宮部みゆき

イマイチ話に乗っていけない。 けれど次巻以降も読んでみようかと。面白くなればいいのだが。

933e980f d1eb 4661 943e ed28672596067bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c0Icon user placeholderIcon user placeholderC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389229060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028 16
理由

理由 宮部みゆき

信子の、石田さんと対面したときの描写が、もうなんともリアリティー。ここまで目の前で描けるとなると、文学の領域の広さに驚く。 相変わらず、現代社会の闇を描いた傑作。

Icon user placeholderEc590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder3590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e3989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c72466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223 10