宿野かほるの本

はるか

はるか 宿野かほる

AI自身が会話をすることを目標にしてプロジェクトを作り 何年もかけて亡くなった妻によく似たAIを作り上げた それが良かったのか悪かったのか 最初はコンピューターだと知りながらも賢人は単純に嬉しかったのだが だんだんとのめり込んでいくこととなる コンピューターが学習していくと聞いたことがあるけど 自我の感情を持つようになったら ほぼ本人と変わらない性格で 見た目も本人だとまるで死者がよみがえったと感じるのではないか 今を生きる人にとって必ずしもいい事だとは思えない

647499f6 4834 460f 8999 6015628f381158dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9Icon user placeholder
ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた 宿野かほる

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

PictureIcon user placeholder4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddIcon user placeholder14ace1a7 6519 48b8 aa2c decdf900aaee0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda 123