宿野かほるの本

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた 宿野かほる

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fdaFf4991c6 95e9 4a39 b9a4 0beb88bd54c58532dcd9 44e4 4dcc a01a 2f649f79bb26F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d647499f6 4834 460f 8999 6015628f3811Icon user placeholderD29168e4 e9a8 43e6 bcc3 6841f23fff82 118