小山愛子の本

舞妓さんちのまかないさん 7

舞妓さんちのまかないさん 7 小山愛子

キヨちゃんの赤いリボンのわけとか、62ページの百はなちゃんとか、いいなぁ。 百はなちゃんは33ページもらしくて好き。 こういう、何気ないことを大事に描いてる漫画、好きだなぁ

舞妓さんちのまかないさん 5

舞妓さんちのまかないさん 5 小山愛子

今回のご飯も美味しそうだったー! おいなりさんとアイス餃子とスコットエッグが! 百子さん姉さんも面白いお人だったし。 前回は中学校の思い出話が出たけど、今回は小学校。 おこたで寝ちゃったキヨちゃんかわいいなぁ。健太も。

C6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bf53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794
ちろり 1

ちろり 1 小山愛子

「舞妓さんちのまかないさん」で知った作者の漫画。 これは…森薫の「シャーリー」の日本版って感じ。 といっても二番煎じ的な悪い意味ではなく、絵もストーリーも、素晴らしいです。

舞妓さんちのまかないさん 3

舞妓さんちのまかないさん 3 小山愛子

今回は地元青森に帰ったすーちゃんとキヨさん。健太も含めた3人のやりとりがいいなぁ。 お姉さんたちとのハンバーガーのエピソードも。 キヨさんが作るご飯が美味しそうで、幸せなご飯っていいなぁ!

C6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bf53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14cIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11327714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c087432c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66 8
舞妓さんちのまかないさん 6

舞妓さんちのまかないさん 6 小山愛子

新しい仕込みさんが入って、百はなちゃんも「お姉さん」に。なかなかいい度胸した仕込みさんも加わって、ますます賑やかに! ときどきちょろっと出て来る男衆の兄さんがいい事言ってくれます。 今回の美味しいご飯は、ミートボール、ウインナーコーヒー、牛丼、お夜食ラーメン、和定食、クラムチャウダー、ロールキャベツ、バースデーケーキ、ティラミス、長いもすいとん、干し餅。

Cada80ef 6d3b 4973 867e 25e31b1fb02fC6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bf4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7Cb008973 7f50 4241 8382 cd864efa731c25306675 8b5f 455a 99bd a409f623142eC3bbec70 d08b 4cb2 a516 bc30448c5a00 26
舞妓さんちのまかないさん 1

舞妓さんちのまかないさん 1 小山愛子

京都の真ん中にある花街。そこにある屋形(置屋)のまかないさんは16歳の少女。屋形や花街で起こる出来事をその少女の目線で紡ぐ。 まず驚いたのが、この作品が少女誌ではなく少年誌に連載されているという事。少年誌といえばバトル・友情・正義は勝つ!という思い込みを吹き飛ばしてくれた良作。読後感は心をフワリとブランケットで包み込まれた様な優しい暖かさに満ちている。 花街や屋形特有の言い回しなども出てきて非常に興味深い。 20171119 kindleにて読了。

2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59ddC6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bfEd2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2515ec073 8e79 4fde b30b 6e52bf9836ac15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deIcon user placeholder53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2 22