小川糸の本

キラキラ共和国

キラキラ共和国 小川糸

ツバキ文具店の続き。 大切な人の死と向き合う辛い事も、鳩子さんをはじめとして周りの人々の穏やかさで優しく描かれている。出てくる食べものも、相変わらず美味しそう。

4a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbfD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f129f0fe6c6 9ba4 44e0 88de 32d0ff20fc2aIcon user placeholder8fccfba6 78fc 477f a546 a3125957caa1A8bf77b4 e9e9 4cc2 8c21 f3b88c27a17a
ツバキ文具店

ツバキ文具店 小川糸

15年前に一応鎌倉市に住んでいました。湘南モノレール沿線でした。婚姻届は、鎌倉市役所に出しました。住んだことのある人には、懐かしく読め、より楽しめます。ドラマの多部未華子が再生されちゃうのが難点ですが。

226ecdb3 f0e5 4a5c a2dd a2cbfe6c51914a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbfE9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e9f0fe6c6 9ba4 44e0 88de 32d0ff20fc2a3c84fe8f 21cc 46cd a6b2 50270ffe83373506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1 108
犬とペンギンと私

犬とペンギンと私 小川糸

糸さんとペンギンさんの生活に、新しい家族が加わってより賑やかに。 異国への旅、日々の暮らし、そして愛しいあの子にきゅん、きゅん、きゅん。

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c0d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720bD5b080e2 aea2 4e56 81e7 e2f570162621F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659 14
さようなら、私

さようなら、私 小川糸

短編小説でこんなにもすべての話が素敵で心に響くものは初めてでした。読み終わったあと、近くにあるものを大切にシンプルに生きていこうと思えました。おすすめします。

08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408Icon user placeholder8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 19
卵を買いに

卵を買いに 小川糸

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5356758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fdD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5
短編少年

短編少年 伊坂幸太郎

少年の気持ちは複雑でせつない。 でも少女だって同じじゃないのかな? 自分の子供の頃を思い出しながら読みました。

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c589c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e1Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7975596b9d4 40c3 496a b8ce 2686b5bfde15F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 11
ツバキ文具店

ツバキ文具店 小川糸

2019/5/26読了 手紙を送ること、貰うこと、どちらも日常的なことではなくなったけれど、大切な人には折にふれて手紙を書きたいなと思わされました。 次に鎌倉を訪れた際には、素敵な便箋と封筒をお土産に買いたいなぁ。

5b21271b 662f 4f5f b626 609821d5a3f3Aaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36bE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaC91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825edC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4d 256
これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条 小川糸

年齢を重ねる楽しみについて新たな定義を教えてもらいました。自分自身が心地いいと思う気持ちを第一に過ごす。ものが溢れかえる世の中で、自分が一生おつきあいしたいと思えるものはきっとそう多くないです。便利だから、新しいからとすぐに手を出すのではなく、好きという感情そのものから分析する。購入前にワンクッション置くことで衝動買いを抑えることができる、大切なものを見極めることが出来る。幸せな生活はそこから始まるような気がします。

71f72b20 4c1c 46d9 b7ef 6ae4f995b1ee99ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aF4bfe9f7 e6fd 4696 b692 1137aabb7ee2Icon user placeholder015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554 10
食堂かたつむり

食堂かたつむり 小川糸

雨降って地固まる、梅雨の時期にぴったりの一冊。 食べ物は大事に食べよう、と思える。 登場人物がしっかり生きている感じがして、一気に読んでしまいました。

Icon user placeholderIcon user placeholder3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e531d4f652d e730 441c 8537 35829ccdb427508146fa f7a3 442a aab8 c9c4e65e6323Akiaivjyeuyp25rambwa9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf 8
こんな夜は

こんな夜は 小川糸

あぁ、こんなに生活を丁寧に紡ぎたいものだ。。

Icon user placeholder1b6144f5 51b5 4072 aba3 8badef78069e38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a211df3d0a7 1e61 4971 9dcd 77c4338b5095A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aEed95086 9e10 45c8 b09d 4e8dc238478dF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 11
つるかめ助産院

つるかめ助産院 小川糸

子供を妊娠した時の事、十月十日の体の変化や気持ちの不安定さ、涙がどうしようもなく流れてくる感じ、体は本当に自然の一部なんだと思います。 妊婦さんを「育む人」と呼ぶの、とっても素敵だなと思いました。

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e532feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Icon user placeholder5f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bdaIcon user placeholder80760730 893a 46f7 96b3 ffb0a5e7d7e818943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a8 10
喋々喃々

喋々喃々 小川糸

タイトルに惹かれて読んでみました。キュンキュンします。小川さんの文章は食べ物の描写がうまく読み進めるうちにお茶とお茶菓子欲しくなります。

Icon user placeholder340e6270 8375 4bd7 87a7 f330d6c3308d16ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da6f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6