小池龍之介の本

坊主失格

坊主失格 小池龍之介

賛否両論ありそうですが、私は、こんなに恥ずかしくて、痛々しくて、かっこ悪くて、笑えない自分の過去を、周りの学びになるようにって、こんなに淡々とさらけ出せる方は、尊敬せざるをえません。

もやもやスッキリ絵巻

もやもやスッキリ絵巻 小池龍之介

小池龍之介さんの4コマ漫画とエッセイで一つの話になっています。 小池龍之介さんの本は気になっていたのですが、今回図書館で見かけて始めては読みました。 仏教の教えを使って正統派の心理学を教えられているようです。 何かと戦いたいとか、支配したいとか、コントロールしたいとかではなく、自然な人の考え方を説いています。 例えば、「何かに苦手意識があっても、接するとそうでもない」という話が小鳥が案山子を苦手とする漫画とエッセイでやさしく語るといった感じです。 自身を振り返ってみる、きっかけになる一冊です。 小池龍之介さんは、禅寺のお坊さん、今を生きる発信する若き僧侶といったところでしょうか? 著者は多くありますので、その時の気分と気に入った体裁のものがあればいいですね。 他の本も読んでみたいと思っています。

考えない練習

考えない練習 小池龍之介

読み始めたら最後まで読まないと気が済まないたちなので、とりあえず最後まで読みました。「苦しまない練習」を私が買って、「考えない練習」を旦那さんが買って持っていた。

239325bc cf2f 477c bfbb e901dad7d4764282fd02 d0b0 40d9 a72b 2aada790067638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Icon user placeholderF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f06580d57d d322 48f8 ab0d 7032febe7e8e0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b 19
沈黙入門

沈黙入門 小池龍之介

人波に揉まれて生きていると、いつのまにか胸の底に溜まる鬱憤、哀しみ、寂しさ。 そういうのって、どこから来てるの? どうしたら解放されるの? そんな悲鳴にお坊さんが答えてくれる本。 「沈黙」することが、自分が日々を生きるためにこれほど大切なことだったのかと震えた。 なかなか上手には実践できないけどよいのである。 もっと早く小池さんの本に出会いたかったヨー。

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a41E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad0d8ff7f9 1966 440b b157 87f3cd64119363e704aa a2e2 4d00 804a 2d2fc08e83c9
こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた

こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた 小池龍之介

面白かった。ジョジョが好きな住職さんが書いた本です。 日本では、オウム真理教の事件が起きてから、何かに信仰することがあやしいことのように言われるようになってしまった。それはつまるところ「無宗教」教という宗教が出来上がったということだ。そして、「無宗教」教とカルトは大差ないという。 そんなことが書いてあって興味深かった。

9dc675d5 33dd 4c8d 8964 bde61db517c236f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62eaD537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837E907ef46 3795 4c33 84a0 e0bc2a7764f1C38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe7852634815ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f 11