小野不由美の本

ゴーストハント(3)

ゴーストハント(3) 小野不由美

シリーズ三作目。今回のテーマは呪詛。 その席に座ったものに災いをもたらす呪われれた席。学園で頻発する怪現象。 新しく作られた怪異が、忘れられていた昔の怪異を甦らせ、怪異ですら無かったものまでもが、人に害をなすようになる。 発端としての霊的なものは存在するにせよ、それを増幅させているのは人の畏怖する心なのだ。

ゴーストハント (1) 旧校舎怪談

ゴーストハント (1) 旧校舎怪談 小野不由美

小野不由美最初のヒット作「悪霊シリーズ」は、もともとは講談社X文庫ティーンズハートから刊行されていた作品群だったが、2010台に入ってメディアファクトリーから、改訂新装版が登場した。 本作は1989年刊行の『悪霊がいっぱい!?』を全面改稿したもの。基本的なストーリーは変わらないが、100ページ以上増量され、オカルト系の薀蓄と、ディテール部分の書き込みが追加されている。 心霊現象を出来る限り科学の力で、見極めていこうとする視点が、少女系レーベルの作品として、当時新鮮だった。恐怖の根源は「わからない」からだものね。わかってしまえば、どうということはない。 枯れ尾花を掻き分けていったその先に、それでも説明不可能な部分は残る。ディテールを詰めて行くことで、より怖さが増しているのは流石の凄み。 『屍鬼』や『残穢』を書いた作家さんなのだなあと感じた次第。

月の影 影の海(上)

月の影 影の海(上) 小野不由美

十二国記シリーズいよいよ今年新刊が出るそうです! ファンタジーでエンターテイメントなんですが、 高校生の時にこの本に出会い、自分に重ね合わせ、自身を振り返り、感動したり考えさせられたり、多くの事を学びました。 長らく新刊が出てませんでしたが、今年いよいよ刊行されるとのことで、1から読み直してます。 何度読んでも、山場の場面ではワクワクします!

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d67D78119e5 91ae 46b3 9a9d 936de1677ac04dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e953f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358328f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa
東亰異聞 1

東亰異聞 1 梶原にき

小野さんの東亰異聞コミカライズ 鷹司兄弟が美しいです、、、

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 小野不由美

「十二国記」シリーズエピソード4の後編。 不幸な生い立ちから、運命を呪って生きてきた祥瓊と鈴が、自らの過ちに気付き前向きに生きようとする。そんな二人が、迷える王陽子の背中を押す。 このシリーズで一番好きな作品。ラストの例のシーンは何回読んでもゾクゾクする格好の良さ。 水戸黄門的な、展開はハマるとメチャメチャ面白い。

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faIcon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088b1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Icon user placeholder 11
魔性の子

魔性の子 小野不由美

本人の意思とは関係なく、危害を加えたものを祟ってしまう少年高里に、疎外感を抱えて生きてきた教育実習生広瀬は、仲間意識を感じる。 エスカレートしていく「祟り」とその真相。苦々しいラストはいかにもな小野不由美作品 旧新潮版は挿絵が無かったけど、新装版では入ってて嬉しい 表紙だと広瀬が老けて見えるので、読む前はオッサンなのかと思ってた。教生だから20歳そこそこなのに 後藤先生と広瀬の関係は、広瀬と高里の関係の対比になっている。後藤先生も疎外感の中生き抜いてきた人なのだと判る。

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9352431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a85c471897 5532 4db3 90a7 c62058717dcb64907546 d086 49bf 8c9e c53054715db5
東亰異聞

東亰異聞 小野不由美

すごく面白い!というわけではない。 大日本帝国の雰囲気が好きな人には、この独特の不思議な雰囲気を楽しめるんじゃなかろうか。

Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd756210284 c42b 444f a012 699dde0753102f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd292cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c104636b39 ac4f 46e2 8b19 2b55c141ffd52431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e 11
残穢

残穢 小野不由美

久しぶりにホラー小説を読みました。映画化している原作だということで気になって… こちらに恐怖を煽るような感じではなくて、淡々と語られていくので、それが逆に怖かったです。 でも登場する家や人が多かったので、少し混乱しました…読み終わっても「どの人だっけ?」ともやっとしています。 せっかく映像化されているので観に行くのも悪くないなと考えています

F41099ea 19a3 4ebf 8e2d 2bcc3cddcd3b0f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217cDf598f73 1ad0 4d4d b162 e600927d992d
ゴーストハント2 人形の檻

ゴーストハント2 人形の檻 小野不由美

講談社X文庫ティーンズハートの『悪霊がホントにいっぱい』を一般向けに全面改稿した作品。 ページ数ほぼ倍増で、ほぼ作り直してる感じ。新キャラまでいる。 悪霊シリーズはここからがガチ。 8歳前後の子どもだけが命を狙われる怪異の謎。 細部がより書き込まれて、より怖くなっております。小野不由美らしく、ミステリ的な謎解議論要素が入ってるのも良い感じです。

東の海神 西の滄海―十二国記

東の海神 西の滄海―十二国記 小野不由美

親に捨てられた二人の子ども。 再会した二人は、敵同士の間柄になっていた。 それぞれが信じるもののために。 暴君のために荒廃しきった国をどう立て直すのか。 苦労人である尚隆の、国と民に対する独白が泣ける。 久しぶりに十二国記の新刊が出るので、既刊を読み返しています。流石の名作揃い。再読に耐える面白さですね。

Bdd46f07 fa2c 4d7c ad5f 7fe1b1b3f1e0C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faDaff8bd6 865a 4f5e 8df7 9ca6725b5bf1Icon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088b830660e4 2f4a 47e1 8704 59638927714d 12
鬼談百景

鬼談百景 小野不由美

程よい怖さで一つの物語も短いから読みやすい。不思議な事は日常に溢れていて、ただその事に気付いていないだけなのかもしれない。。

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c72f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac27e3a8c1 4a20 4fc6 a277 7af54db675e8D04d66c0 9739 41f0 a758 2d72f03c0e159b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd93 12
残穢

残穢 小野不由美

屍鬼を書いた人と聞いて。 日本ホラーの怖さを、これでもかと言うほど詰め込まれた演出が魅力的だった。 得体の知れないモノの怖さ、それが徐々に明らかになってくる怖さ、しかもその正体が知れて尚怖い! 何が怖さを誘うのかというと、人から聞いた話という雰囲気で、幾つもの怖い話短編が出てくるのが怖い。短いながらも完成度の高い話で、読み進めるにつれてじわじわと、その話の根っこの部分が繋がっていることが明らかになる様子に、背筋がゾワッとする。 ホラーとしての怖さだけでなく、ストーリーとしても無理なファンタジー設定が無くスラスラと読めた。誰でも当てはまりうるモチーフで描かれた話であるため、読み終わると、自分の家は…大丈夫?ってなる。読み終わった後も恐怖が尾を引くなんて、ホラーとしては100点満点なのでは???

93767bec f45d 44fd b1a9 e4478e084284062397cb f39a 419f 89b2 18ce55ab38369b149ba8 5f14 465f 82f6 f70d586b85bd2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd77f27c242 23af 4370 b39f ad93415b2bd31638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998 62
風の海迷宮の岸―十二国記

風の海迷宮の岸―十二国記 小野不由美

十二国記エピソード2。『魔性の子』前日譚。 泰麒のかわいさを愛でる一作。麒麟の誕生から王の選定までを描く。 『魔性の子』(←ホラーだった)と白汕子のビジュアルが違いすぎるw 新作が出るので久しぶりに再読。 オチが全てなので、再読でどうかなと思ったけど、細かい設定忘れてたので、かなり楽しめた。

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa7e48494b 8301 4d39 94e5 87b36a974a9bIcon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088b830660e4 2f4a 47e1 8704 59638927714dIcon user placeholder 13