山田悠介の本

オール

オール 山田悠介

読書って面白いんだなって、まだ小学生だった自分に知らしめ、漫画と雑誌ばかり読んでいた自分を変えた1冊です。 当時は、山田悠介ばかり読んでいたなぁ… 面白い設定でインパクトのある内容を、読みやすく書いていて、読書初心者にもオススメの作品です。

7225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e48880d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b
神様のコドモ

神様のコドモ 山田悠介

神様のコドモから見た地上のちょっとした出来事の話 神様のコドモというより 悪ガキっぽい

Fcbee6cb 1572 4737 a50e fca3fdbf76a5Icon user placeholder295b23f1 a199 418f 8da5 6d9d6b1376e02458b44d 8708 4300 8165 83a97cdd0113B59499c4 4875 4c31 adfb 6e840d52f303A1ccbde9 1dbe 4188 b746 dee42e870967
スイッチを押すとき 他一篇

スイッチを押すとき 他一篇 山田悠介

若者の自殺心理のデータ取得のため、わざと自殺に追い込まれる子ども達。 そんな中、長年自殺しようとしない4人の子どもと、彼らを救おうと立場に反して懸命になる主人公。 それぞれの決意や思いがとても悲しかったです。 うん、悲しい、その一言。

ドアD

ドアD 山田悠介

無限に続く悪夢を見ているようでした。 この本が私の人生で初めて読んだ怖い本がこれで良かったです。だって、続きあるなら読みたいって思わせてくれるのですもの。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee524b9e4b9d 2f6a 4099 96aa a716fc68b81bBf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8686b99a1 b8c8 49dd 9a76 7526fd038ce4Icon user placeholderC7fb25f7 a237 4a3f af8f d25d18d6de63754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08 13
×ゲーム

×ゲーム 山田悠介

怖いのに、登場人物かっこよすぎて、怖いカッコイイ怖いの繰り返し。面白すぎて、もっと読みたくなる

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af8f0a0949 ff97 4ab9 b14d 11575162cafc
パーティ

パーティ 山田悠介

テーマが壮大で、現実から少し離れた内容だと感じた。 展開が早く読み物としてすごく読みやすくて、若者にウケる理由がなわかった気がする。 バラバラな心が1つの目標に向かって繋がっていく。様々な葛藤があって、苦労があって、つい物語に入ってしまう。 描写がもっと濃いといいのになぁとは思いました。

754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08E1220e13 57b2 460d 90f6 c611ee319cf6Icon user placeholderC0e90025 dda0 455b a621 8b871c1c191646b4b489 5874 484e bb1f 342c3935cc98
種のキモチ

種のキモチ 山田悠介

題名から勝手に主人公は種だと思い込んで読み始めたら違ってて なかなかホラーな話でした 蔵に閉じ込められた少女が大人になり 小学生の男の子ダイスケ、そのダイスケのいとこ、いとこの彼女へと連鎖していく植物化の発端となる タンポポのように種が飛び散って増えていく花は要注意です この話が実際に起こることだったら 手がつけられなくなります