平川克美の本

人口減少社会の未来学

人口減少社会の未来学 内田樹

内田樹氏の呼びかけで10人の論客がさまざまに論じた人口減少社会の未来について。ヨーロッパの「反緊縮」潮流に関する論考、AIがもたらす変化へ国民は何にプライオリティを置くべきか、精緻な統計分析による思い込みの払拭、一次生産者たちとの密な関わりなど、どれも密度が高く面白いです。

1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Icon user placeholder
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 8
僕たちの居場所論

僕たちの居場所論 内田樹

鼎談ものの良さを感じられる本だった。話題があちこち広がって収束していく様や、軽快なテンポで進んだと思えば誰かのターンに入る、そういうところが楽しかった。

俺に似たひと

俺に似たひと 平川克美

私の父と同じくらいの年齢の人がこの本を書いていた。一人称で語られる介護生活は、なんかとてもリアルで、著者の表現によってその空気感と場面が想像できる。私の祖父も入院中で、私がなんとなく感じていたような事を著者は言語化していて、食い入るように読んだ。自分にもいつか訪れるかもしれない介護生活を垣間見た感じだ。自分と照らし合わせながら読める本だった。

言葉が鍛えられる場所

言葉が鍛えられる場所 平川克美

分からない言葉が沢山出てきて、その都度調べて読んでいました。 一文が難解なものもあり、何度か読み返して自分の中で理解してたものも多々あります。それが自分の理解の範疇と分かっているけど、なかなか飛び越えれないのは、経験値から来るものや自分の尺度の狭さにあるのだろうと思いながら読んでいました。 誰しもが使う言葉だけど、使い方や思い方は多様で差が大きいものだと感じました。 言葉が鍛えられるだけでなく、考え方も変容したように思います。 帯にも書いてあるように読み終わった後、時間を空けて再読したくなる本です。

0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73bIcon user placeholderIcon user placeholder2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9E8ec958d ae27 41e0 b61e 4c09ae3e1fc01c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75204976b151 097c 43d7 896b 58281275a51d 8
路地裏の資本主義

路地裏の資本主義 平川克美

資本主義を追い求めた経済成長時代からの脱却を鋭い視点で考察する。路地裏のネコと人間の生活の違いの対比が印象的。

5fbe6952 b105 4fd1 9ddb 93474a6f440d7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa54e2cd72a b099 463b a867 2598239887c2