幸村誠の本

ヴィンランド・サガ(1)

ヴィンランド・サガ(1) 幸村誠

理想(夢?)の平和な新天地を目指すバイキングの主人公の話。争いに明け暮れる少年〜青年期を経て奴隷時代を過ぎ、これから新天地を目指そう!という現時点で16巻目。

Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12Icon user placeholderIcon user placeholderBe36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9bB18f44a1 d934 4789 82fa c7c87dbebc30A3bc5656 a93c 4b59 a56e 4067119d6e794484d60f df44 424f bac1 74a833d5238c 11
プラネテス(1)

プラネテス(1) 幸村誠

漫画を買って読むことがめっきりなくなったけど、何歳になってもこの作者の新刊だけは買い続けるだろうなぁと思う。

Daf569fc 9bc6 4a07 89c8 e1ea0d0ebad40a3d1452 5ad9 4f23 a3ad 85e54cbe0bc4266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf1deea3f3 7080 4089 a441 490e4d0bf09fC15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c257db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd38e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e 8
ヴィンランド・サガ(19)

ヴィンランド・サガ(19) 幸村誠

幼少期編〜海賊編〜農業(奴隷)編〜商人編 と来ておりますヴィンランド・サガ。農業編から読んでいなかったことを思い出し最新刊まで一気読みさせていただきました。 結論から言えば、面白い! とはいえ、先が見えない! 連載誌が同じことや伝記物ということで比較されがちなヒストリエ先輩ほどじゃないですが、完結までに作者が死ぬか俺が死ぬか出版社が死ぬかみたいな気持ちになります。 友人がこの夏主人公出生の地アイスランドに修業に行くとのことで、なんとなく縁を感じつつ。ところで、中野のアイスランドシープが食えるジンギスカン屋さん「ゆきだるま」はとても美味しいのでぜひ。 そのあと真希そばで朝まで飲みましょう。

ヴィンランド・サガ(1)

ヴィンランド・サガ(1) 幸村誠

新しい土地を開拓しに行く話しなのですが、それまでの過程というか、主人公の人生を丁寧に追ってるところがいいです。 絵の細かさに圧倒されます。

3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8aeAda8e287 0bcd 47d2 b9a4 8f39e3041d2944228d82 ff70 49e0 a20a 59304ff4ce3b