広岡敬一の本

ちろりん村顛末記

ちろりん村顛末記 広岡敬一

古いお話ではありますが まだ、雄琴にはネオンがあり 人間模様がずっとそこに生きている。 時代が生んだ、だけじゃ片付けられない いつの時代も、欲は尽きないものですね。