志村貴子の本

51do0bigbnl

キャラクター同士が呼び合うあだ名が、いかにも、いまどきの女子高生って感じでいい。 そういうディティールでリアルさを出すのがうまい。 不登校になった姉妹の話が好き。

51whowum5al

久しぶりに1巻でも…と思ったら全巻一気読み!! 特別なことは起こらないけど、それがリアル…。

51lls0csdal

挫折したり、逃げたりしたことがある人に読んで欲しい。主人公フジのダメっぷり、逃げっぷりのための漫画。 まさに体育会系の、根性とか男気(女だけど)が要求される世界で、選手としても母としても妻としても逃げてしまうフジ。 2巻以降で描かれるライバル町屋ゆりとの関係性が好きです。逃げる側も情けないけれど逃げられた方だって悲しい。意外と友情譚なのかもしれない。

41vh0qkbsml

志村貴子さん初の画集。 淡い水彩の色づかいに癒されます。

51bxke%2bh3ll

男になりたい女の子と 女になりたい男の子と 女になった男と 女になりたい男の子を好きになった女の子たち そんなふうにいろんなジェンダーの人たちと友達と家族や恋人が出てきます。 小学生から始まって、高校生まで彼らの成長を、悩みを、葛藤を その子たちの友達や恋人や学校や家族を 一緒に見守り続けた私の大切な大切な漫画です。 自分らしく生きるって、性別って どういうことなんだろう、何だろう、と 何を思って、どんなふうに生きて どんなふうに悩んで、周りはどんなふうで… そんな色々を、一例だけど、でも彼らは私にそれを見せて、教えてくれました。

Dc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f377895235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e
412aiw62j l

「もし私の好きな人が女の子だったらどうする?」 友情も、初恋も、片想いも、両想いも、様々な「好き」が様々な形で交錯する、ほろ苦いガールミーツガール。2009年にアニメ化もした作品。 とても繊細な心理描写で、ああ思春期の片思いって一番楽しかったな…と瑞々しい女の子たちを見て思い出しちゃいます。鎌倉や江の島特有のゆったりした空気感も素敵で、聖地巡礼に行ったくらい個人的に好きな作品です。

517may kogl

風変わりな黒髪の女の子って、なんでこうも、魅力的なんだろう… 所々話についていけないまま、でも引き込まれちゃって、あっという間に読み終わってしまった。

A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a319785d39a16 4e4f 4d03 a53f 015734075e04B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a8101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8fEdc5d768 6176 4578 9ffe 1bac0d6d955dC525c492 2936 4edc 945d 1cedac2b5ec7
41qtznwmvel

少女コミックだけども、紛れもなく志村貴子漫画。人にはそれぞれ事情がある、そしてそれぞれ切実に生きている。志村貴子の漫画を読んだ後はいつだって優しい気持ちになるのだ。

B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2aF7a923e4 3a76 4c6c b4ca 56c2c8a9f490C525c492 2936 4edc 945d 1cedac2b5ec738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21
C1opkfmn js

自分が小さい頃男の子みたいだったこともあって、高槻さんを自分に重ねて読めた。単純に絵もかわいくて好き。水彩がきれい。

41spvs34zal

知らないのは、まめちゃんだけ…。

519ai5abedl

キューキョクのさみしがり屋ソータくんが表紙です。。

C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a
51mawnbpukl

ゲイで引きこもりの兄が女の子にモテる弟に恋をするお話です。がっつりBLというよりは、ふんわりとした少女漫画っぽく感じました

434df1eb ab2b 476e a263 2cfc42d67e75C8ab4ca0 717e 41de af3d e958590083738105f41e 48cc 4079 90ab 0cc04752d874B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a
51z5gbdqasl

休刊になったのが残念

41xqoqhl0sl

歌劇学校を取り巻く人々を、現在と過去を行き来しながら描く連作群像劇。若さゆえのいびつで醜い感情も、豊かに思えてくる不思議。第2話は「青い花」の関連作。

B725a28c 96c9 4102 8b5b 5011a2e84f2a2e7725df e269 4881 b907 b3331d8a57d72c5dd3c5 106f 4b48 b59a 191e30b88287E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf28101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8fC525c492 2936 4edc 945d 1cedac2b5ec78105f41e 48cc 4079 90ab 0cc04752d874 10
51pq41x4c0l

ゆったりと堕落する日常が優しい

41bkrgv 1al

再婚した母と、離婚して「彼氏」と暮らす父。その娘で本作の主人公まゆこ。そんなまゆこの周りのさまざまな人の「人生」が交差し合うおはなし。 誰もに、それぞれ事情があって、しちめんどくさい。だけど、志村貴子のしちめんどくさい人たちへの眼差しは、優しい。 僕はいつも志村貴子の漫画を読むと優しい気持ちになれるのです。「青い花」も「放浪息子」も当然ですが、「娘の家出」もオススメですよ!

Ea4c9baa 908e 404f 8144 70c6f019ae2022ffe821 592a 4479 b150 81c0badd3a0cF7a923e4 3a76 4c6c b4ca 56c2c8a9f490843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c8101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8fC525c492 2936 4edc 945d 1cedac2b5ec7