押井守の本

ゾンビ日記

ゾンビ日記 押井守

再読。小説だが、死生観、暴力、孤独、の論考。狙撃の知識。

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 山邑圭

これは「三代目出動せよ」のノベライズになるのかな? とにかくなかなかレイバーが動き出さない、 隊員たちのダラけた日常が繰り返され、 ああパトレイバーが帰ってきたなぁと思う。 初代のこともチラホラ触れられて、地続きのお話なんだなってジーンとしたり。 しかしシゲさん榊イズム受け継ぎまくってるなぁ!(笑)

THE NEXT GENERATION パトレイバー (3) 白いカーシャ

THE NEXT GENERATION パトレイバー (3) 白いカーシャ 山邑圭

第3章と第4章の「大怪獣〜」以外のエピソードのノベライズ。 佑馬、明と来て、今回はカーシャに焦点を置いた形になっている。 小説版は映画にはない心理描写や、初代に触れることが多いのが好き。 次巻は御酒屋さんかなぁ?

凡人として生きるということ

凡人として生きるということ 押井守

アニメ監督さんの著書です。まず思ったのが著者が凡人じゃないってことでした。笑 様々な常識について、押井さんが述べてるんですけど、本質を見極めたことが書かれたと思います。多くの人に読んでほしい一冊です。

監督稼業めった斬り―勝つために戦え!

監督稼業めった斬り―勝つために戦え! 押井守

その昔、押井守特集をオールナイトで観た記憶が蘇ったなあ。池袋の文芸座でした。あの頃はまだ、20世紀だったか。。で、こんな切り口の監督論なんて読んだことがなかったので新鮮でした。作品論ではなく、いかにして映画を撮り続けるかという勝敗論だったとは。あえて大ヒットさせないとか、なるほどー。

番狂わせ 警視庁警備部特殊車輌二課

番狂わせ 警視庁警備部特殊車輌二課 押井守

もしかしたら、レイバー1回も動かんまま話終わるんちゃうかと思った(笑) あまり言うとネタバレになるから言えないけど、 シゲさんが出てきて僕は充分満足です☆ あとちょっと誤字脱字が多かったかなぁ(汗)

THE NEXT GENERATION パトレイバー (2) 明の明日

THE NEXT GENERATION パトレイバー (2) 明の明日 山邑圭

話からすると、第2章の「鉄拳アキラ」のノベライズかな? 相変わらずのレイバー絡める必要ない感満載のストーリーは素晴らしい(笑) レイバーは特殊車両ですから。ただの乗り物ですからね! 映画を観てからだと、役者を想像して読めるから楽しいね!

THE NEXT GENERATION パトレイバー 赤いカーシャ

THE NEXT GENERATION パトレイバー 赤いカーシャ 山邑圭

いつも映画のストーリーを少し掘り下げて読ませてくれるノベライズ。 「THE LONG GOODBYE」が、予算の都合上実現出来なかった船上版になってて嬉しかったです。 だけど、なんで文庫から単行本になったんだろ・・・