日本経済新聞社の本

やさしい行動経済学

やさしい行動経済学 日本経済新聞社

坂本達哉先生が授業で推薦してくれた本です。 わかりやすく書いてくれましたが、(特に経済思想に関わるところを)本当に理解するには、ゆっくり時間をかける必要があると思います。 本の内容はもちろん、考えること自体も非常に面白いです。経済学に対する知的好奇心を引出せる一冊だと思います。

097b2bc0 f764 439d 8eb1 309c33c757b8E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6969a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55
ドキュメント サラリーマン

ドキュメント サラリーマン 日本経済新聞社

高度経済成長期後のサラリーマンの等身大の姿。現代の病気と思っていたうつ病なども当時からあったと知り、やっぱり日本人は真面目なんだなあとしみじみ思ってしまった。 モーレツサラリーマンなど今では死語になっているような単語にも触れて昭和を垣間見ました。

身近な疑問が解ける経済学

身近な疑問が解ける経済学 日本経済新聞社

日常の何気ない判断を、経済学で分析する ダイエットがしたい!貯金しないと‼︎という意志力は希少資源なので、効率的に分配しないといけないそう 面白かった