星野概念の本

ラブという薬

ラブという薬 いとうせいこう

あいづち。自分の出番待ちのリズムを推し量るかのような、それでなく、耳を傾けることによって生まれる共感を示したその。返答でなく、ひとまずの肯定において、語る本人ですら確かでなかった辛さや不安を言語化し、客観視できるようにしてゆくこと。言いたくなっちゃう指摘や助言のような言葉を飲み込み、片隅に追いやり、そっか、そうなんだ、とまず受け止め、聞いてみる。簡単そうで、とても難しそうだけど、大切なこととしみじみ思うたのだった。

C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe576afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601681ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c86bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa03f9f5a7 a284 42cc bc80 a2dbb6991c406cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def 26