最果タヒの本

十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき 最果タヒ

世の中の中心に自分達がいる。ってどこから湧いてくるのか分からないような思い込みも、当時の私には真実だった。こういった若さは大抵年を重ねるごとに薄れていく。自分や周囲の感情や空気に敏感で、それってかなりめんどくさいことだけど最高に素敵なことじゃん!かっこいいじゃん!って後々気づく悲しさ。一生青春!大人も精一杯生きよう!

文学ムック たべるのがおそい vol.3

文学ムック たべるのがおそい vol.3 小川洋子

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aaBe32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb0027976ae103ed 10b7 44a6 b4fa 117d402694bc5a221e72 c7e9 4cdc 814d a6bdb76d9220B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e 10
少女ABCDEFGHIJKLMN

少女ABCDEFGHIJKLMN 最果タヒ

都市伝説の話があって私も思い出すことがあってブログに書きました。http://nononinono39.hatenablog.com/entry/2016/07/15/234622

Icon user placeholder91fbcae6 6850 4eee a230 8b27b0003b14F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca3230f102 4838 4de8 8ec8 2a4615cf8d4cE43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad
かけがえのないマグマ 大森靖子激白

かけがえのないマグマ 大森靖子激白 大森靖子

号泣、自分と同い年の靖子ちゃんと一個上のタヒさん、生きててよかったって、思う、孤独に寄り添ってくれる、生きるのってしんどいなあって思うけどそのしんどさって普段出せないけど、だって引かれちゃうから、だけど靖子ちゃんの音楽や言葉の前では素直でいられるから、その瞬間の自分のことは少なくとも愛せそうだと思えるからありがとう、生きていいって言ってくれるあなたは私にとってのかけがえのないマグマです。

十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき 最果タヒ

この本を読みたい、というより引用で申し訳ないがshinatakeさんのコメント、『それから、会話の途中で女の子が0コンマ数秒黙ってしまったら、一瞬のうちにいろんな事を考えているものだよ、と男の子たちにそっと教えたい。』に感服した。こんな俺も嘘つき?

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c782b85ff ae46 4408 bf8c 96335a79a595Icon user placeholder1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfbC1710e8a cc07 4173 af8d 397027d5c81c470f7fbc b781 4f2a 93d0 6d7460269be392ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af 25
団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語 山内マリコ

装丁にひかれて手に取ったら、幼少期に育った所が団地町だったことをすっかり忘れていたことに気付いた。少子高齢、移民受け入れ、コミュニティへの渇望といったキーワードよりも、当時その周縁の借家に住んでいて、それは「団地」に対しての「分譲地」という言葉であったことを、これまたおもいださでてくれた。

5201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fcF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0Icon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b5235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f 17
小説の家

小説の家 柴崎友香

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

空が分裂する

空が分裂する 最果タヒ

すごく自由で何を言っているかわからない。けど、強い思いを感じた。あとがきにハッとさせられた。共感は存在価値を無にする。

F60f649a 83fa 45fb aafe bcf6a4abf8acIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac3d60063d d9ee 43f7 a3e6 2844001f6500Icon user placeholderIcon user placeholderE4cfb67d 807a 471a ab5c 2b7a5d8aae7f 16
かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。 最果タヒ

魔法少女やらアンドロイド探偵やらスーパーハッカー生徒会長やら学園牛耳る風紀委員会やらが出てくる、属性モリモリの話。とてもラノベっぽいが、そうでもない。なんと説明しようか難しい本。 SFであり友情の話でもあるんだろうけど、ちょっと要素がごちゃごちゃしすぎていまいち入り込めなかった感じ。最初はユーモアがあるが最初だけでラストはシビア?シリアス? なんとなくピンとこなかった。

92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af39a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f1Db65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b558A4df591e d36b 4b5b bfbe 423ad64e732e0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c58be9ec0 1883 486e 9089 e776779d5b513a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992 15