木皿 泉の本

昨夜のカレー、明日のパン

昨夜のカレー、明日のパン 木皿 泉

読んでいて心がぽかぽかした。 皆さんが書かれているように登場人物たちが魅力的で、章立ても細かいのでテンポよく読める。 ドラマ化したようだけど、これは活字で読むと味が出る作品。ギフ、とか。徹子とテツコの違いとか。あぁ本って、そういう微妙なニュアンスで、読み手の想像力を掻き立てるんだよなぁ。 ね、そうなンだよね?

Icon user placeholderIcon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eA00c8a97 22f8 481f 9e7d dcd00f6cdf4f62729519 b5da 457a 9e8d d63bb95f75c8Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a97e76449d 1a03 42b4 8d96 822fdd1eb12e 144